レッドブルのモータースポーツ・コンサルタントを務めるヘルムート・マルコは、現在アルファタウリF1に所属するピエール・ガスリーの将来について、当面彼はレッドブル傘下から他のチームに移ることはないと語った。

 ガスリーは2019年にトロロッソ(アルファタウリ)からレッドブル・レーシングへと昇格を果たしたものの、チーム上層部が期待するパフォーマンスを発揮できず、シーズン後半にはトロロッソに戻された。

 しかしその後、ガスリーは強さを発揮、2019年ブラジルGPでは2位、2020年イタリアGPでは初優勝を達成、2021年アゼルバイジャンでは3位を獲得した。

 フランス人のガスリーにアルピーヌが関心を持っているとのうわさもあるが、マルコは、レッドブルがガスリーとの今後2年にわたる契約を有しているとして、移籍の可能性を打ち消した。

「彼は常に好調だ。最高の状態にある」とマルコは『Auto Motor und Sport』に対してコメントした。

「アルファタウリとのパッケージは完璧だ。素晴らしいコンビネーションだと思う」
「我々はあと2年続く契約を結んでいる。ルノー(アルピーヌ)とのうわさがどこから出てきたのか分からない」

 マルコは、レッドブルが所有するファッションブランドであるアルファタウリにガスリーはうまく調和していると考えている。

「ピエールはファッショナブルなフランス人であり、アルファタウリのアンバサダーとして理想的だ」

「もちろん、彼の長所はマシンに乗った時のパフォーマンスだ。バクーでは(問題が発生して)パワーを失いながらも、(フェラーリのシャルル・)ルクレールを後ろに抑え続けた。素晴らしいパフォーマンスだった」

 一方、マルコは、レッドブルの育成プログラムには優れた人材がいないと言われた時期もあったものの、現在は人材不足の状態ではないとして、将来のドライバー選択において良い状況であると示唆した。

「新人が全くいないと記事に書かれてきたが、我々のもとには大勢のドライバーたちが揃っている」

「F2に参戦する(ユーリ・)ビップスは、マシンの状態が良ければ勝つことができる。(リアム・)ローソンも非常に好調だ」

「我々の育成プログラムには才能ある若手がたっぷりいて、皆、レッドブルで走りたがっている」