2021年チャンピオンシップでつまずいたメルセデスF1チームだが、2022年のマシン開発プログラムからリソースを今季活動に回すことは考えていないという。

 チームは、モナコでパフォーマンス不足に苦しみ、両選手権の首位をレッドブル・ホンダとマックス・フェルスタッペンに奪われた。アゼルバイジャンではさらに状況が悪化し、メルセデスはノーポイントに終わった。第6戦終了時点でメルセデスは現在、レッドブルと26ポイント差、ルイス・ハミルトンはフェルスタッペンと4ポイント差となっている。

 フェルスタッペンは、2022年に期待するよりも、2021年のタイトルをつかむために全力を尽くすことを望んでいる。

「メルセデスに勝つためには、手を緩めてはいけない。新しいパーツを導入し続ける必要がある」とフェルスタッペンは『Auto Motor und Sport』に対して語った。

「来年のことを考えて、今、何かを捨ててしまうのは愚かなことだ」

「今、新車に完全に集中すれば、来年勝てるという保証がどこにある? 世界選手権タイトルを獲得する可能性が十分あるなら、力を尽くす必要がある」

 一方、メルセデスのチーム代表トト・ウォルフは、最近の低迷に軽率に反応し、来季開発プロジェクトが滞ることは避けたいと考えている。

「すでに2022年に向けた計画の再調整は済んでいる。そこから外れるようなことはしない」とウォルフは語った。

「ひどいレースウイークエンドが2回あったからというだけで、すでに下した決定、つまり戦略的な決定を変えることはない」

 ウォルフは、チームは今季型にとってストリートサーキットが問題になることは最初から分かっていたとして、次のフランスとオーストリアでチームが調子を取り戻すことを期待していると語った。

「このふたつのサーキットが我々にとって最悪の場所であることは分かっていた。これ以上悪いことはないという予測が正しいことを願う」とウォルフ。

「明らかにこのふたつのレースは、我々が自らに課す基準や期待を下回るものだった。これからヨーロッパのレースがどうなるか見てみよう」

 メルセデスは、モナコとバクーで、パフォーマンスが不足していただけでなく、ミスもいくつか犯した。今後はミスやトラブルをなくさなければならないと、ウォルフは認めた。

「モナコとバクーでは、マシンに競争力がなかった。チャンピオンシップを戦うためには、自分たちの力を最大限に発揮しなければならない。だが我々のマシンは週末を通していい状態ではなかった」

「運営面で、完璧なパフォーマンスを発揮する必要がある。この2回の週末には誰もそれができなかった」

「私はとても腹を立てている。この怒りを前向きな力に変えていきたいと思う。我々は戦士だ。必ず立ち直る」