レッドブルの育成ドライバーであり、FIA-F2にハイテックから参戦しているユーリ・ビップスは、F1第7戦フランスGPの週末の間レッドブルのシミュレーター作業を担当する予定だ。リザーブドライバーであるアレクサンダー・アルボンが、イタリアで開幕するDTMドイツツーリングカー選手権に参戦するためだ。

 レースの週末の間、レッドブルはリザーブドライバーにシミュレーター作業を依頼している。これはチームのセットアップの問題に取り組んだり、具体的な設定のテストをサポートしてもらうためだ。

 ドライバーが金曜日の夜にチームのシミュレーターで膨大な時間を費やし、翌日のマシンパフォーマンスを向上させるために作業を行うのは珍しいことではない。

 アルボンは、ほとんどの場合骨の折れるタスクとなるこの作業を担当しており、最近セルジオ・ペレスは彼の仕事ぶりを称賛している。だがアルボンは、今週末はモンツァで開催されるDTMの開幕戦に参戦する予定だ。

「ビップスがフランスGPの週末の間、アルボンのシミュレーター作業を引き継ぐことになる」とレッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは『SpeedWeek』に語った。

 アルボンは頼れるリザーブドライバーとしてレッドブル、アルファタウリの両チームに在籍している。もし両チームのドライバーのうち、ひとりがレースに出られなくなった場合は、たとえ直前の招集でも戦いに戻る準備ができている。

「アルボンはレッドブルとアルファタウリの両チームのリザーブドライバーとして残留している」とマルコは説明した。「もし誰かが欠場する場合、彼はイタリアからフランスへより柔軟に動けるように、即座に飛行機で連れてこられるだろう」