愛知県長久手市のトヨタ博物館では、10月30日(土)から2022年4月17日(日)まで、文化館2階 企画展示室で『激走!!2.5次元 ヴゥオオーン!! - WRC 日本車挑戦の軌跡』と題した企画展を開催する。

 世界中の公道を舞台に、市販車ベースの競技車両で戦われるWRC世界ラリー選手権。2021年は残念ながらラリージャパンは開催されないが、日本とWRC、またすべてのラリー競技の関係は深い。日本の自動車メーカーが数多く挑戦してきたのがラリーで、かつては二度にわたりWRCで日本車が年間全戦を制覇。「日本車でなければ勝てない」と言われた時代もあった。

 トヨタ博物館では、そんなWRCにおける日本車の挑戦の軌跡を企画展で振り返ることになった。ニッサン、マツダ、三菱、スバル、スズキ、ダイハツ、そして現在もWRCに挑むトヨタの歴代の挑戦の歴史を、7社12台の各社の代表的な参戦車両で紹介する。

 タイトルにもあるとおり、会場はマンガ仕立ての2.5次元イメージの空間とし、日本車のWRC挑戦の軌跡を臨場感たっぷりに紹介する。中にはなかなか日本で目にすることができなかったマシンもあり、ラリーファン注目の展示となりそうだ。

激走!!2.5次元 ヴゥオオーン!! - WRC 日本車挑戦の軌跡
会期:2021年10月30日(土)〜2022年4月17日(日)
場所:トヨタ博物館 文化館2階 企画展示室
〒480-1118 愛知県長久手市横道41-100
TEL 0561-63-5151
https://toyota-automobile-museum.jp/
内容:
世界中の公道を舞台に市販車ベースの競技車両で戦われるWRC(FIA世界ラリー選手権)における日本車挑戦の歴史を、7社12台の各社の代表的な参戦車両で紹介。
展示車両(年代順・同年のものは50音順):
(1)ダットサン240Z(1973)
(2)ミツビシ・コルト・ランサー (1974)
(3)マツダRX-7(1979)
(4)ダイハツ・シャレード(1982)
(5)ニッサン・バイオレット (1982)
(6)トヨタ・セリカ・ツインカムターボ (1985)
(7)トヨタ・セリカGT-Four (1990)
(8)スバル・レガシィ(1993)
(9)スバル・インプレッサ(1996)
(10)トヨタ・カローラWRカー(1997)
(11)ミツビシ・ランサー・エボリューション(2001)
(12)スズキSX4(2008)
協力:
スズキ(株)、(株)SUBARU、ダイハツ工業(株)、日産自動車(株)、マツダ(株)、三菱自動車工業(株)、(株)ラック、ラリージャパン事務局(順不同)