11月30日、JAF日本自動車連盟は、2023年の全日本レース選手権カレンダー登録申請一覧を発表した。このなかで全日本スーパーフォーミュラ選手権、全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権の申請一覧が記されている。

 2022年は全3大会で2レース制が採用され、10レースが開催されたスーパーフォーミュラ。2023年のカレンダーについては、8月8日の時点でJAFからFIA国際スポーツカレンダー登録申請一覧が発表されており、この時点で7大会が公示されていたが、レース数については発表されていなかった。

 JAFから11月30日に発表された日程を見ると、8月の申請からは日付の変更はないものの、新たにレース数が記された。このうち2レース制が採用されるのは第1大会の富士、第7大会の鈴鹿のみで、レース数としては全9戦となる。

 またJAFは同時に、2023年のスーパーフォーミュラ・ライツについての登録申請一覧を発表した。近年スーパーフォーミュラ・ライツは全大会での3レース制が導入されているが、2023年も同様となった。

 ただ開幕は近年スーパーフォーミュラと同様だったものの、5月のオートポリスが開幕に。またスーパーフォーミュラとの併催も6大会中3大会に変更されている。

 カレンダーは下記のとおりだ。

2023年全日本スーパーフォーミュラ選手権
カレンダー登録申請一覧
RoundRaceDateCircuit114/7〜9富士スピードウェイ2234/21〜23鈴鹿サーキット鈴鹿2&4レース345/19〜21オートポリス456/16〜18スポーツランドSUGO567/14〜16富士スピードウェイ678/18〜20モビリティリゾートもてぎ7810/27〜29鈴鹿サーキットJAF鈴鹿グランプリ

2023年全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権
カレンダー登録申請一覧
RoundDateCircuit併催15/19〜21オートポリスSF26/16〜18スポーツランドSUGOSF36/30〜7/2鈴鹿サーキット鈴鹿レースオブアジア47/14〜16富士スピードウェイSF59/8〜10岡山国際サーキット611/11〜12モビリティリゾートもてぎもてぎチャンピオンカップ