イタリアはサルディニア島にて、急きょ7月に続くダブルヘッダー連戦となったワンメイク電動オフロード選手権、エクストリームEの第7-8戦『Island X-Prix II』は、幕開けから2回のビッグアクシデントに遭遇したネオム・マクラーレン・エクストリームEが初日限りで撤退する波乱も発生。

 そんな混沌とした土曜初日は、選手権首位を行くアクシオナ|サインツXEチームのマティアス・エクストローム/ライア・サンズ組が勝利し、前回の週末連覇を決めた元F1王者ニコ・ロズベルグのロズベルグXレーシング(ヨハン・クリストファーソン/ミカエラ-アーリン・コチュリンスキー組)の今季3連勝を阻止することに。

 続く日曜の第8戦では、ルイス・ハミルトン率いるX44・ヴィダ・カーボン・レーシングのジャマイカ出身フレイザー・マッコーネルと“王者”クリスティーナ・グティエレスが速さを見せ、今季2勝目を飾っている。

 本来ならアメリカ合衆国か南米ブラジルのアマゾン地域を想定していた9月16〜17日のレースウイークは、地元資金の問題で直近には開催候補地そのものが変更され、アルゼンチンでの最終候補地探しが終盤に差し掛かっていたところ、今度は国内地方選挙が動向を不透明にし、その計画も終盤になって頓挫。

 ここで前戦の開催地でもあったイタリアが助け舟を出し、チャンピオンシップの洋上パドックでもある元貨客船St.Helena(セント・ヘレナ)号は、サルディニア島のテウラーダ岬に位置するピサーノ・バラック(イタリア陸軍兵舎)にトンボ帰りする事態となった。

 これにより、前戦にてアプト・クプラXEよりシリーズ復帰を果たしたエクストリームEの“ディフェンディングチャンピオン”セバスチャン・ローブや、デビュー戦を終えた故ケン・ブロックの愛娘リア・ブロック(カール・コックス・モータースポーツ)らは、コースレイアウトこそ変更を受けたものの、引き続き同じ環境のもとでダブルヘッダーの週末を迎えることとなった。

 しかし迎えた金曜最初のFPでは、タナー・ファウストと組んでネオム・マクラーレンXEから参戦するエマ・ギルモアが、わずか2周目の終盤セクターで高速ロールオフを喫し、肋骨骨折と脳震盪を負う事故に遭遇してしまう。

 ギルモアは終始意識があり、すぐに無線でチームに連絡することもでき、施設内のメディカルセンターに運ばれた後にカリアリ病院に転院し、そこでひと晩経過観察を受けることになった。

 自身のSNSで状況を明かしたギルモアは「水曜にドライブした後、クルマの感触は素晴らしかったのでとても残念」だと悔しさを滲ませた。

「今朝はひどい週末の始まりになった。初めてトラックインしたとき高速クラッシュに見舞われた。チームに余計な仕事を作ったことにはガッカリしているけれど、脳震盪の様子を観察するためここでひと晩入院しなくてはならない。彼らの幸運を祈り、週末に向けて全員を応援したいと思っている」

■レースの焦点は後半2周、女性ドライバーによる勝負に

 これで創業者ブルース・マクラーレンと同郷のニュージーランド出身ギルモアが戦線離脱となり、チームはシリーズのプロトコルに沿って"チャンピオンシップドライバー"のタマラ・モリナーロを迎えることに。

 地元イタリア出身で以前はXITEエナジー・レーシングの代打としてティモ・シャイダーと組み、2022年の同イベントで2位表彰台も獲得している“強力助っ人”のモリナーロは、マクラーレンの60年の歴史の中で史上ふたりめの女性ドライバーになると同時に、1981年のアンドレア・デ・チェザリス以来のイタリア人ドライバーに。

 しかし、そのモリナーロも、土曜午後の敗者復活“リデンプションレース”のスタート時にJBXEのヘッダ・ホサスと接触し横転。いきなりマシン大破の憂き目に遭う。

 彼女自身は迅速な救助作業で怪我なく脱出できたものの、大きく損傷したスペアシャシーはリペアが難しく、チームは現地土曜午後9時に週末からの即時撤退を確認する声明を発表した。

「ここでネオム・マクラーレン・エクストリームEチームは、2023年のエクストリームE第8戦に参戦しないことを残念に思います。土曜のリデンプションレース中にシャシーが損傷し、日曜の走行までにマシン修復が間に合わないとの判断から、我々は第8戦に参加しないという難しい決断を下しました」

「レーサーとして、レーシングチームとして、とくにイベントに向けた準備や週末のチームの努力を考えると、これは軽々しく受け止められる事態ではありません。しかし最優先事項はエマとタマラが事故の後、ふたりとも無事で元気でいることです。我々は今、チリでの最終2戦とシーズンを最高のかたちで終えることに全力を注ぐつもりです」

 各ドライバー2周、合計4周勝負となった土曜の第7戦ファイナルは、スタートで先手を奪ったエクストロームが優位にレースを運び、焦点は後半2周の女性陣による勝負に。

 ここでまたしてもワイパー不調による視界不良で2番手が危うくなったヴェローチェ・レーシングのモリー・テイラーに対し、オーバーテイクを仕掛けた背後のドライバーたちが次々と接触。アプト・クプラXEのクララ・アンダーソンはウェイポイント4でなんとか前に出たものの、接触によるサスペンションダメージによりスピン。

 これでカール・コックス・モータースポーツのリア・ブロックが2位を得たかに見えたが、彼女もまたテイラーと接触したことでサスペンションに問題が発生し、最終ラップのウェイポイント7でコースアウトを喫してしまう。

 最終的に、首位のライア・サンズから42.766秒遅れで3輪走行のクララ・アンダーソンが2位で戻り、自身のスティントの大部分で視界がなかったにも関わらず、モリー・テイラーが奇跡的に3位でフィニッシュする結果となった。

 そして全9台での争いとなった日曜は、前日のパワステトラブルから雪辱を期すRXRや、こちらも“視界不良”に見舞われながらレジェンドのローブが喰い下がったアプト・クプラを退け、今季からイギリスの名門カーリンが運営を引き継ぐX44が、シーズン2勝目を手にした。

 続く2023年エクストリームEの第9-10戦は、先のネオム・マクラーレンXEのステートメントにもあったとおり、すでに開催実績のある南米大陸はチリのアントファガスタにて、12月2〜3日に『Copper X-Prix』が争われる。