現在カワサキと呼ばれているメーカーが「メグロ」を吸収合併して誕生したというのはオールドファンの間ではよく知られている事実。では、メグロとはどんなメーカーだったのか。知られざる650W1、そしてW800のルーツは、実はメグロ創世記の1930年代にあったのだ!

[【インプレ】カワサキ「メグロ K3」- webオートバイ]

[【インプレ】カワサキ「W800」- webオートバイ]

知られざるカワサキとメグロの歴史

西の小排気量メーカーが重量車メグロを吸収合併

現在「カワサキ」と呼ばれるオートバイメーカーは、巨大グループ企業が独立合併を繰り返して成立した「川崎重工業株式会社」の「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を指す。

そのルーツは明治11年(1878年)、川崎正蔵が東京築地の官有地に設立した「川崎造船所」。その後は神戸に移転し、製鉄、機関車や貨客車、橋桁を製造する川崎造船所は大正7年に飛行機部門を設立することになる。

これが昭和12年に「川崎航空機工業」として独立。これが「川崎車輌」とともに「川崎重工業」と昭和14年に合併したのが、いまのカワサキの母体=川崎重工業といっていいだろう。

一方「川崎明発工業」が昭和28年に創立され、エンジンメーカーだった川崎航空機が製造したエンジンを搭載した「メイハツ」モデルを販売。ちなみに明発とは「明石発動機」のことで、トーハツ=東京発動機、ダイハツ=大阪発動機と同じ名付け方だ。

この川崎明発が「カワサキ自動車販売」と社名を変更、カワサキブランドのオートバイが登場したのが昭和36年。初代モデルは川崎航空機工業が製造、カワサキ自動車販売が発売した125ccのB7というモデルだった。

そして、カワサキが自社ブランド製品とともに販売していたのが「メグロ」ブランドだ。カワサキが125ccモデルを、それ以上のモデルをメグロが生産する体制へと変化していく。

メグロとは、大正14年に設立された、正式名称「目黒製作所」。オートバイ製造より以前は、戦前に日本に輸入されていたトライアンフやインディアン用の部品メーカーであり、国産の三輪自動車用ギアボックスのトップメーカーとしても知られていた。

昭和7年ごろには500ccのエンジン、その後も水冷V型750ccエンジン、自動車用4気筒エンジンを製造するエンジンメーカーとなり、昭和12年には完成車として、メグロ号500cc単気筒Z97型が完成。白バイとして警視庁に納入されたりもしている。

戦後にはオートバイメーカーとしての活動が本格スタート。初代モデルは昭和25年の500cc単気筒のZ型、250ccのジュニアJ型だ。

メグロのピークと言われているのが昭和30年代、つまり1950年代中盤で、第1回浅間ロードレースが開催され、戦後200社を超える二輪メーカーが60数社に淘汰された頃だ。

目黒製作所は会社としても成長を続け、その資本金は昭和28年に1425万円、昭和33年には1億8千万円、株式を公開した昭和34年には3億円まで増資している。日本銀行資料によると、昭和40年の3億円は、消費者物価指数で換算すると現在の約12億円になる。

しかし、二輪メーカーの飽和状態は長くは続かず、企業倒産が相次ぐ中、目黒製作所も昭和35年11月に川崎重工と業務提携。昭和37年には「川崎目黒製作所」と改称するが、昭和39年9月30日には倒産。カワサキが吸収合併した形となり、「メグロ」が姿を消してしまうのだ。この時はじめて、メグロ/メイハツ/カワサキの3ブランドでラインアップしていたモデルがカワサキのエンブレムで統一されることになる。

戦前からのメーカーの中で、メグロは「もっとも良質な完成車メーカー」と呼ばれており、1960年代からホンダとともに4ストロークエンジンを製作していた数少ないメーカー。

カワサキがメグロを継承し、川崎航空機技術陣による再設計モデルK2が誕生したのが昭和40年。このK2からは、タンクバッジに「MEGURO」ロゴとともに、川崎重工の「リバーマーク」がつけられ、クランクケースの刻印も「メグロ」から「KAWASAKI」に変化。事実上のカワサキビッグバイクの第一号車といってもいい。

そして国産初の650ccビッグバイクといっていいW1は、ホンダナナハンの3年も前に市販を開始。後の「ビッグバイクのカワサキ」に、その伝統が引き継がれたと言ってもいい。

あれから50余年。カワサキが送り出す新世代メグロは「K3」。言うまでもなく、1965年に発売された「K2」の、56年ぶりの後継機種との思いも込めたネーミングなのである。

文:中村浩史/写真:柴田直行、オートバイ編集部、カワサキ

[【インプレ】カワサキ「メグロ K3」- webオートバイ]

[【インプレ】カワサキ「W800」- webオートバイ]