2000年頃に起こったビッグスクーターブーム真っ只中に青春時代を過ごした、ワタクシ編集部岩瀬。今回、改めて最新のビッグスクーターに乗ってみましたが、やっぱりイイものはイイ! ブームが落ち着いた今、ホントのビッグスクーターファンに贈る、進化したスズキの400スクーターをご紹介します!

写真・文:岩瀬孝昌(編集部)

ビッグスクーターならではの良さを残しつつ、コンパクトになった新しい“400cc”のバイク

スズキ・バーグマン400はビッグスクーターブームを牽引した“スカイウェイブ”シリーズの後継モデルとして、2017年の夏に登場しました。

2020年9月現在、国産メーカーで400ccクラスのビッグスクーターは、このバーグマン400だけです。

もともと“バーグマン”という名は“スカイウェイブ”のグローバルモデル名として付けられていた名称ですから、日本でも統一してリニューアルされたと言った方が正しいでしょうか。

そんなバーグマン400は“新しい時代のビッグスクーター”として開発が進められていました。

しかし、これまでと同じようなモデルをラインアップしても、ブームが爛熟した今では、きっと日本のユーザーの心を掴めない。

だからこそ、従来のビッグスクーターの良さを残しつつ、時代や用途に合ったスタイルとして、ものすごく研究されているのがわかります。

「バーグマン400」のライバルは「バーグマン200」!?

「バーグマン」シリーズは、グローバルモデルも含めれば650cc、400cc、200ccなどの種類がありましたが、現在の国内市場ではバーグマン400とバーグマン200がラインアップされています。

偶然にも2台を一緒に揃えることができましたので、バーグマン400とバーグマン200を少しだけ比較してみました。

<バーグマン400> ■最高出力:31PS / 6300rpm ■最大トルク:3.7kgf-m/ 4800rpm ■車両価格:81万4000円(税込)

<バーグマン200> ■最高出力:18PS / 8000rpm ■最大トルク:1.6kgf-m/ 6000rpm ■車両価格:53万3500円(税込)

こうして並べて写真を撮ってみると、見た目こそよく似ているものの、シート形状やスクリーンの大きさなど、排気量だけではない違いがたくさんあります。

【バーグマン200】の記事はこちら

[原付二種125ccと比較するのは150ccじゃないかも? スズキ『バーグマン200』が200ccバイクとして突き抜けてる! - スズキのバイク!]

価格や用途、好みなどによって選べるのはユーザーにとって嬉しい限り。

バーグマン400に乗る前からバーグマン200も気になってしまいました(笑)。

今となっては国産メーカーで比較対象のバイクがないので、バーグマン400のライバルはバーグマン200なのかもしれません。

バーグマン400がこれまでのビッグスクーターと違う“3つの特徴”

●①大きすぎない「ボディサイズ」

これまでのビッグスクーターは街乗りで使うにはちょっと大っきいかな、と思うことがありました。

バーグマン400がこれまでのビッグスクーターと大きく違うところは、400ccクラスでありながら、250ccクラスのスクーターと同じくらいのサイズ感で登場したところです。

■バーグマン400 全長:2235mm ✖️ 全幅:765mm ✖️ 全高:1350mm 車両重量:215kg

■スカイウェイブ400 全長:2270mm ✖️ 全幅:825mm ✖️ 全高:1385mm 車両重量:227kg(STD)

先代モデルのスカイウェイブ400と数値で比べてみると、全体的にコンパクトになっていることがわかると思います。

実はこの進化に気づいていない人、けっこう多いんですよ!

●②操縦安定性が高いフレーム構造

そしてバーグマン400は“車体の造り”から理にかなった構造になっています。

水平に近いくらい傾いた水冷単気筒エンジンに、リンク式のモノショックリアサスペンションが直接マウントされているユニークなシャシーは、低重心とマスの集中化に貢献しながらも快適な乗り味を生み出しました。

アンダーボーンとなるパイプフレームから新設計されただけあって、軽量化とコンパクト化に優れ、先代モデルのスカイウェイブ400と比べると、車両全体でなんと約8kgもの軽量化を実現しているんですね。

(下に続きます)

[高性能バイクだけどスズキの新型『カタナ』の本質はそこじゃない? 燃費や航続距離も測ってみたけれど…… - スズキのバイク!]

[スズキ新型ネイキッド『ジクサー250』とフルカウル『ジクサーSF250』って同じバイクなの? 250ccとしてコスパ良いのはどっち? - スズキのバイク!]

[ライダー目線の走行動画が『大型バイクを上手に走らせる』勉強として役立つのでおすすめ! - スズキのバイク!]

●③旋回性も直進安定性も高いフロント15インチタイヤ

先代モデルのスカイウェイブ400はフロント14インチでしたが、バーグマン400のフロントタイヤは15インチが採用されています。

このおかげで旋回性を損なうことなく、直進安定性も高まっているので、高速道路を使ったツーリングにも向いているんです。

ちなみにリアホイールは13インチのままですが、幅150mm、扁平率70%のやや太めのタイヤになっていて、グリップ力もトラクション性能も高く、車体をグイグイ押し出してくれる感じです。

乗る前から欲しくなった“4つのユーティリティ”

ビッグスクーターの最大の魅力といっても過言ではないのが、シート下スペースやフロントボックスなどの使い勝手に優れるユーティリティですよね。

バーグマン400には「これでもか!」っていうくらいの便利なユーティリティが揃っています。

ここからは、ボクがバーグマン400に乗る前から欲しくなった“4つのユーティリティ”をご紹介します。

●①フロントラゲッジボックス

ハンドル下のフロントスペースには左右それぞれ独立したフロントラゲッジボックスが備わっています。

右側に3.5リットル、左側に2.8リットルの収納スペースがあり、グローブや小物などを入れておくことができるので、ちょっとしたお出掛けにはバッグいらず。

●②パーキングブレーキ

キーシリンダー横には、レバーを下ろすだけでリアタイヤをロックできるパーキングブレーキが備わっています。

バーグマン400にはサイドスタンドとセンタースタンドが標準で装備されていますが、坂道などでセンタースタンドを立てるのはちょっと億劫なので、パーキングブレーキは非常にありがたいです!

(下に続きます)

[燃費チャレンジ最終回! ジクサー150の『最後の粘り』がありえないレベル。最終的に何キロ走ったと思います? - スズキのバイク!]

[《後編》250ccバイクでのキャンプツーリングにガチでおすすめ! スズキ『Vストローム250』の荷物積載力に震えた…… - スズキのバイク!]

●③電源に便利なDCソケット

フロントの右ラゲッジボックスの奥にスマホなどの充電に便利な12VのDCソケットが備わっています。

個人的に嬉しかったのは、DCソケットに刺したコードを繋げたままでもフロントボックスの蓋が閉まったところですね。

これならスマホナビを使用しながら充電もできちゃいます。

●④シート下トランクスペース

バーグマン400の最大のユーティリティは、やっぱりシート下のトランクスペースでしょう。

約42リットルの大容量なので、泊まりのツーリングでもシートバッグなどが必要ないくらいです。

フルフェイスヘルメットと一般的なサイズのレインウエアを入れてもまだまだ余裕があります。

どれくらい入るか試してみると…

軽めのキャンプ道具なら入っちゃいました!

バーグマン400ならツーリングバッグなしでキャンプに行くのも夢じゃないです(笑)。

“3つ+α”の盗難防止システムで最強の盗難対策

そして、バーグマン400は盗難対策もしっかり考慮された設計になっているんです。

スズキって本当にユーザー想いだなぁ、って感じる「“3つ+α”の盗難防止システム」をご紹介します。

●「こんなところにチェーンロックのセキュリティーゲードが!」

デザイン的なエアダクトかと思っていたアンダーカウル右側にある穴は、市販のチェーンロックなどを通す「セキュリティゲート」になっています。

車体のフレームを通す構造になっているので、いわゆる“地球ロック”として、柱や構造物にダイレクトに連結させられることができます。

チェーンロックはフロントやリアのタイヤに通すの一般的ですが、タイヤだけ外されて持っていかれることもあるので、このアイディアはナイスですね!

●「シャッター付“キーシリンダー”とトランスポンダー式“イモビライザー”の組み合わせ」

イグニッションキーにも盗難対策に優れた機能が盛りだくさんです。

いたずら防止のシャッター付きキーシリンダーはもちろん、キーそのものにICチップが埋め込まれていて、オーナーの所有するマスコットキーでしかエンジンが掛けられない、スズキ独自のイモビライザーシステム「S.A.I.S※注」が標準装備されています。

※注 SUZUKI ADVANCED IMMOBILIZER SYSTEM

例えば、マイナスドライバーなどでキーシリンダーを破損させての不正始動や、複製されたキーなどによる操作時には燃料噴射や点火がカットされ、エンジン始動が不可能になるシステムなんです。

これは盗難の抑止に効果絶大!

●「キーを回すだけでできる“カンタン”ハンドルロック」

もちろんハンドルロックも備わっています。

一般的なバイクと同じく、イグニッションキーを押しながら左に回すだけでロックできる一連の作業。

当たり前のことに思えるかもしれませんが、前述のふたつのロックとの合わせ技だと考えると安心感が高い!

オプションで付けたいイモビアラームセット

スズキ純正アクセサリーとしてアラームセットもラインアップされています。音色を5種類、音量を3段階に調整できる嬉しい機能付き。■1万2980円(税込)※別途取付工賃

もちろん盗難対策に完璧はないですが、バーグマン400の“3つ+α”の盗難防止システムって、ある意味、最強じゃないですか?

すでに欲しくなってしまったんですけど…

今回はバーグマンの車両解説を中心にご紹介しましたが、便利機能が盛りだくさんで、走る前からすでに欲しくなってしまいました(笑)。

次回はいよいよバーグマン400に乗ってみます!

NEXT▶▶▶バーグマン400の走りはライバル不在!

続編はこちら!

[《街乗り編》ライバル不在! 400ccバイクで唯一の『ビッグスクーター』は守備範囲の広すぎのマルチ・スクーターでした! - スズキのバイク!]

【スズキはスクーターが充実!】

[コスパって費用対効果のこと。だったらバーグマン200は『高コスパ』だと言い切れる! - スズキのバイク!]

[スウィッシュは原付二種スクーターの『違いがわかる人』にこそおすすめしたい。この125ccは“こだわり”の塊です! - スズキのバイク!]

[125ccスクーターの王道。性能もコスパも『アドレス125』なら間違いない - スズキのバイク!]

[スズキ『レッツ』で鎌倉散歩! バイク初心者必見。 50cc原付スクーターのメリットやデメリットは? - スズキのバイク!]

スズキファンのためのWEBサイト!

[スズキのバイク!- 新車情報や最新ニュースをお届けします]