スズキ「GSX-R125 ABS」
税込価格:41万5800円

歴代GSX-Rシリーズの中で最小排気量のモデルがGSX-R125。DOHC4バルブの124cc水冷単気筒エンジンは、実験を重ねて導かれた効率的な62×41.2mmというボア×ストロークを採用。最新のFIシステムや大容量の冷却系や6速ミッションも備え、低回転から高回転までスムーズでパンチの効いたフィーリングを味わえる。

さらにスリムでスポーティなフルカウルに包まれた、軽快なハンドリングを支えるスチール製フレームなど、全身にGSX-Rの遺伝子が受け継がれている。軽量な上にイージースタートシステムを採用するなど、扱いやすさも抜群。2020年3月にマイナーチェンジを受け、ハザードスイッチが追加されメーターも小改良。

2020年には、スズキ創立100周年を記念したMotoGPマシン・GSX-RRをモチーフにした特別色も設定された。2021年1月には、最新カラーが登場。カラーラインアップは3色となる。

エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量:124cc
ボア×ストローク:62.0×41.2mm
圧縮比:11.0:1
最高出力:15PS/10000rpm
最大トルク:1.1kg-m/8000rpm
燃料供給方式:FI
燃料タンク容量:11L
キャスター角:25°30′
トレール量:93.3mm
変速機形式:6速リターン
ブレーキ前・後:ディスク・ディスク
タイヤサイズ:90/80-17・130/70-17

[【写真6枚】GSX-R125 ABS - webオートバイ]

[【人気カラー投票】「GSX-R125」「GSX-S125」 - webオートバイ]

[【総合インプレ】「GSX-R125」(2021年) - webオートバイ]

[「GSX-R125」スズキ100周年記念カラー情報 - webオートバイ]