SP忠男 Ninja ZX-25R用『POWERBOX FULL』

ひさびさの4気筒250ccモデルとして発売以来、爆発的な人気となったカワサキNinja ZX-25R。各社からカスタムパーツがリリースされる中、老舗・SP忠男が新発売したのが、“POWERBOX FULL”だ。

同社が販売するマフラーのコンセプト『気持ちイー!』は市街走行時、信号待ちからのスタートでもマフラーの存在感を存分に楽しめるように、トルクフルで伸びやかな特性を目指したモノ。このNinja ZX-25R用も、その思想に基づき納得いくまで走り込み、開発された1本だ(開発の模様は同社HP内の“マフラー開発奮闘記”に詳しい)。

[Ninja ZX-25R | 忠さんのマフラー開発奮闘記/SP忠男]

「250ccのZX-25Rですから、下からトルクを乗せないと気持ちいい高回転域の伸び切りは目指せません。ウチが提案するベストなレイアウト、各管長がこの形です」(広報・大泉善稔さん)

車体イメージを崩さずオリジナリティを主張する、メッシュエンドのショートサイレンサーも、カスタムファンには垂涎ものだろう。なお、このステンレス製のほか、より軽量なチタン製POWERBOX FULLも発売に向け鋭意開発中だ。

[▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズによる用品紹介記事の一覧はこちら!]

ビジュアルの要となるサイレンサーは本体(太筒部分)長205mmの超ショートタイプを採用。同社アイコンの“目玉”エンブレムはそのエンドパイプ部分に装着されている。メッシュエンドもカスタムファンの目を惹くところだ。サイレンサー裏にはもちろんJMCA認証プレートも貼り付けられる。

エキゾーストパイプはΦ32mm。バイパスパイプは#1-#2、#3-#4を連結。その位置も同品向けに最適化されている。

レクター部は4-1レイアウトでメインパイプはΦ48mmだ。

最適管長とショートスタイルを両立するため、メインパイプはエンジン下で大きくS字を描くのが分かるだろう。中回転域のトルクラインを出すために苦労した部分という。

SPECIFICATION

メーカー SP忠男
製品名 POWERBOX FULL
政府認証 1120021224
素材 パイプ部:ステンレス
サイレンサー部:超軽量ステンレス
音量 94dB(近接)/78dB(加速)
仕様 装着のままドレンボルト&フィルター脱着整備可能
税込価格 16万7200円

レポート:ヘリテイジ&レジェンズ編集部

[▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!]

[ケイファクトリーNinja ZX-25R(カワサキNinja ZX-25R) | ヘリテイジ&レジェンズ|Heritage& Legends]

[Ninja ZX-25R国内公式戦初優勝を支えた、YSSサスペンション! | ヘリテイジ&レジェンズ|Heritage& Legends]

[ヘリテイジ&レジェンズ|Heritage & Legends]

[月刊『ヘリテイジ&レジェンズ』2021年5月号(Vol.23)好評発売中!| ヘリテイジ&レジェンズ|Heritage& Legends]