大変お待たせしました。全3戦の日程が決まりました!

5月28日の開幕戦まで、いよいよあと1か月を切ったMAX ZONE mini。自慢のカスタムマシンで最高速に挑む参加型イベントで、おかげさまで毎年たくさんのエントリーをいただいています。

新型コロナウイルス対策や、東京オリンピックの開催など、さまざまな要因が重なり、開催日程が未定のままでしたが、先日開幕戦が5月28日に決定。残る2戦の日程もようやく決まりましたので、早速発表させていただきます。

●2021年度 MAX ZONE mini 日程

●開幕戦 5月28日(金) 11:00〜12:00
第2戦 10月1日(金) 11:00〜12:00
最終戦 11月1日(月) 11:00〜12:00

第2戦は10月、最終戦は11月。クラスは全7クラス!

MAX ZONE miniの舞台は、富士スピードウェイの国際レーシングコース。WECやGT選手権が開催される日本有数のコースで、普段は125cc以下のマシンはなかなか走れませんが、そこを思い切り堪能できちゃうのです!

参加資格はシンプルで、原付2種までのマシンをベースとした車両と、サーキットを走るための装具、サーキットの走行経験がある人(当該免許保持者)ならOK。排気量やカスタムの内容に合わせた、全7クラスを設定しているのでレーサーやカスタム車、スクーターでも出走可能です。

クラスは以下の全7クラスを設定しています。

●●4miniA/Bクラス
A:排気量100cc未満
B:排気量100cc〜150cc
●2ストロークA/Bクラス
A:排気量80ccまでの公道向け2ストエンジン
B:レーサー/モトクロッサー用エンジン、排気量81〜150ccまでの2ストエンジン
●スクータークラス
改造無制限
●オープンクラス
排気量151cc以上、改造無制限
●JP250クラス
MFJのJP250規定に準拠した、250cc未満の市販スポーツ車

JP250レギュレーション改訂で、4気筒モデルも参加可能に!

そしてもうひとつ。今季からJP250のレギュレーションが変更になり、ZX-25Rの参戦が可能になったことを踏まえ、MAX ZONE miniでも250cc・4気筒車を参加可能といたします。

ただし、現状のJP250レギュレーションの4気筒車規定(改造制限)が変更になる可能性を含んでいるため、今年度の4気筒車参加要項は以下の通りといたします。

●MAX ZONE mini JP250クラス・4気筒車 暫定レギュレーション

●●マフラー交換可(公道走行可能なものに限る)
●レース用外装キット装着可(自作外装は対象外)
●キャブレター、サブコン、ECUチューニングは当面の間不可とする

開幕戦しめきりは5月21日(金)。奮ってエントリーを!

エントリー方法は簡単。まずは自分のマシンが全7クラスのうち、どのクラスに該当するかを確認し、下記のリンクから申込用紙をダウンロード。必要事項に記入の上、用紙にあるFAX番号、またはメールアドレスに期限までに送付すればエントリーは完了です。

[max20210528.pdf]

エントリー締め切りは5月21日(金)、エントリーフィーは1台6000円。
保険料はライダー1人あたり900円、富士のゲート入場料は1000円となっています。

●※今年からエントリー料が1人6000円になっています。ご注意ください!

2021年も自慢の愛車で、富士の広〜いコースを思いっきり楽しみましょう!ぜひとも奮ってご参加を!! エントリーお待ちいたしております!
(写真:島村栄二、南 孝幸)

会場の「富士スピードウェイ」はコチラ!

〒410-1307 静岡県駿東郡小山町中日向694

[富士スピードウェイ]