大谷翔平 最新情報

 ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手は、ムーキー・ベッツ内野手の離脱により1番打者に座っている。これまでドジャースのリードオフマンを担ってきたベッツは6〜8週間の離脱が予想されており、大谷にかかる期待は大きい。米メディア『スポーツノート』のアンドリュー・ブラーラス記者が言及した。

 

今シーズンのメジャーリーグはABEMAプレミアムで生中継!
初回登録は2週間無料トライアル実施中![PR]

 
 ベッツを失うことは誰もが望んだことではないが、デーブ・ロバーツ監督がスター選手の代役を考えるのに時間はかからなかった。ドジャースが当初望んでいた先頭打者ではないが、大谷をできるだけ多くの打席に立たせることで、攻撃的なスタートを切る可能性を高めると考えられる。
 

 
 大谷はこれまでのキャリアで1番打者として280打席に立ち、打率.272、出塁率.371、長打率.527と、出塁率以外の成績が下回っている。しかし、大谷はドジャースの1番打者として良好なスタートを切っている。
 
 ベッツの代役を務める大谷にブラーラス氏は「ベッツは6〜8週間の離脱が予想され、打線のトップに大きな空白ができたが、大谷翔平はマントを羽織ってヒーローを演じる準備ができている」と言及した。
 
【関連記事】
【打者部門】大谷翔平は何位? MLBナリーグ打撃成績ランキング
ドジャース、高額年俸ランキングトップ10
【速報】大谷翔平、きょうの結果は? 個人成績詳細・試合スコア一覧
 

 
【了】