エンゼルス、球団職員が急逝スキャッグスさんに薬物提供 遺族ショック「どのように支配されたか追究」

エンゼルス、球団職員が急逝スキャッグスさんに薬物提供 遺族ショック「どのように支配されたか追究」

球団広報部長のエリック・ケイ氏が長年にわたり…

 ロサンゼルス・エンゼルスの元投手で7月に急逝したタイラー・スキャッグスさんについて、球団の広報部長が禁止薬物で麻薬性鎮痛薬のオキシコドンを提供していたことが分かった。米スポーツ専門サイト『ESPN』が12日(日本時間13日)に伝えている。
 
 スキャッグスさんは7月に遠征先のテキサス州のホテルで死亡。検死報告では、オピオイドに分類される禁止薬物である麻薬性鎮痛薬のオキシコドンとフェンタニルの摂取が認められ、アルコールとともに摂取したことで死に至ったとされている。
 
 そして、同サイトでは、球団広報部長のエリック・ケイ氏が長年にわたってスキャッグスさんにこのオキシコドンを提供していたことを麻薬取締局に証言したことを報じている。
 
 ケイ氏は自身が不法に入手したオキシコドン6錠のうち3錠を、カリフォルニア州からテキサス州に向かう1日〜2日前にスキャッグスさんに提供した。
 
 しかし、普段からスキャッグスさんは提供されたオキシコドンをすぐに摂取していたため、テキサスでの死亡時に摂取されていたものは自身が提供したものではないと証言しているという。
 
 スキャッグスさんの遺族は「球団の従業員に関与の可能性があると知ってショックを受けた。タイラーがどのようにして支配されたか、真実が分かるまで追究していく」と話している。


関連記事

ベースボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る