日大三が今大会最多の16得点!初出場の奈良大付が初勝利掴む<6日目>

日大三が今大会最多の16得点!初出場の奈良大付が初勝利掴む<6日目>

◆ 全国制覇した11年以来の初戦突破

 5日(日)に開幕した夏の甲子園・第100回の記念大会は大会6日目。10日は大会初日以来の3試合開催で、第2試合に登場した日大三(西東京)が今大会最多の16得点を挙げ、初出場の折尾愛真(北福岡)を下した。

 日大三は1点を先制された直後の1回裏、4連続四死球で追いつくと、5本の長短打を集め一挙7得点。その後も得点を重ね、7回には先頭の4番・大塚がレフトスタンドへ大会第18号のソロホームランを放った。先発全員安打となる15安打16得点の大勝で、全国制覇を果たした2011年以来、7年ぶりの初戦突破を決めている。

 第1試合は木更津総合(東千葉)が、中盤の集中打で敦賀気比(福井)を10−1と圧倒。1点リードで迎えた6回表に5安打の集中打で6得点。投げては先発の野尻が8回途中まで1失点の好投で、後を受けた2年生右腕・根本が最後を締めた。

 第3試合では、初出場の奈良大付(奈良)が初勝利を挙げた。1番・宮川は初回に二塁打を放ち先制の足がかりをつくると、5回の第3打席には決勝打となる2ラン放つ活躍を見せた。エースの木村は羽黒(山形)打線を1点に抑え完投。投打が噛み合い接戦を制した。


◆ 第100回 高校野球選手権大会・6日目結果

【第1試合】
木更津総合(東千葉) 10 − 1 敦賀気比(福井)

木|000 106 030|10
敦|000 001 000|1
<継投>
木:野尻(7回2/3)→ 根本(1回1/3)
敦:木下(5回1/3)→ 坂井(0回2/3)→ 黒田悠(1回)→ 笠島(1回)→ 高橋(1回)

<本塁打>
木:なし
敦:なし


【第2試合】
日大三(西東京) 16 − 3 折尾愛真(北福岡)

折|100 000 020|3
日|713 020 30X|16
<継投>
折:小野(0回1/3)→ 下柳(3回2/3)→ 野元(2回0/3)→ 斉藤(0回1/3)→ 堀田(1回2/3)
日:中村(4回)→ 河村(5回)

<本塁打>
折:斉藤(8回2ラン)
日:大塚(7回ソロ)


【第3試合】
羽黒(山形) 1 − 4 奈良大付(奈良)

奈|100 020 010|4
羽|000 010 000|1
<継投>
奈:木村(9回)
羽:篠田(8回2/3)→ 金子(0回1/3)

<本塁打>
奈:宮川(5回2ラン)
羽:なし



関連記事

おすすめ情報

ベースボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索