DeNA・高田GMが退任「ファンのみなさんに本当に申し訳なかった」

DeNA・高田GMが退任「ファンのみなさんに本当に申し訳なかった」

 今季限りでの退任が決まったDeNAの高田繁GM(ゼネラルマネジャー)が12日、横浜市内の球団事務所で記者会見した。

 同席した三原一晃球団代表は「数年にわたって辞意を受け取っており、球団としてはそのたびに慰留させていただいていた」と明かした。

 会見で高田GMは「ここ2、3年、体力的にも、精神的にも厳しいなと感じていた」と語り、「DeNAを引き受けた7年前に、3年でCS、5年で優勝、それから単発でなくて常に優勝できるチームをつくってくださいね、ということで頑張ってきたが、その約束も果たしていない。信頼していただいたオーナー、たくさんのベイスターズファンのみなさんに本当に申し訳なかった」と謝罪。

 高田氏は2011年12月、横浜DeNAの新規球界参入が決まってGM職に就いたが、この7年間について「1年、1年チーム力、戦力が整ってきているな、という手ごたえは自分自身にもあった」と述べた。また『GM職をまだできたのでは?』との問いには「球団ブースで試合を観るというのは本当に大変だよ。本当に一生懸命だよ、勝ってもらいたい、勝ってもらいたい、という結果ですから。ファンの人もそうでしょうけど。チームをつくった責任者ですから」とGM職の重圧について語った。

 今月25日のドラフト会議はGMとしての職責を全うするとのことで「ドラフトは自分の最後の仕事。これは責任をもってやる。ここで終わりですからハイさようなら、というわけにはいかない。できたらまた来季活躍できるような選手、将来のベイスターズの柱になれるような選
手をぜひ指名したい。頑張りますよ」と意気込んだ。

 高田氏は今後、球団から離れ、親会社のDeNAで経営への助言などを行なうフェローを務める。また、個人としては高校や大学での指導が可能な「学生野球資格」の回復を目指すという。「(プロ野球界で)50年だよ。23歳で大学を卒業してからずーっと現場、評論家から、こういうフロントの仕事も含めて50年…もう年齢を考えたらね。自分自身にご苦労さん、あとは好きなことをやりなさいよ、と言ったら、やっぱり野球だから」と話した。

 高田GMの退任後、横浜DeNAはGM職を置かず、三原一晃球団代表が編成の責任者を兼務する。

(取材・撮影 ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)


関連記事

おすすめ情報

ベースボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索