“甲斐キャノン”はレジェンドに並べるか

“甲斐キャノン”はレジェンドに並べるか

◆ 広く浸透した「甲斐キャノン」

 2018年のプロ野球は、パ・リーグ2位から勝ち上がったソフトバンクが日本シリーズを制覇。前年に続き、日本一連覇を達成して幕を閉じた。

 その日本一連覇の立役者となったのが、捕手の甲斐拓也だ。レギュラーシーズンでもセ・パ通じて唯一の盗塁阻止率4割超えをマークするなど、その強肩ぶりはプロ野球ファンの間で浸透していたが、地上波で中継される日本シリーズでその“鬼肩”は世間一般にまで浸透。シリーズ新記録となる6連続盗塁阻止を達成するなど、広島の機動力を完璧に封じ込めたことで「甲斐キャノン」の名は広く知れ渡った。

 惜しくも時期が遅かったために年末の『流行語大賞』にはノミネートされなかったものの、野球界で流行語を決めるとしたら「甲斐キャノン」は外せない。そんな男に目指してもらいたいのが、“盗塁阻止率”にまつわる記録である。


◆ 盗塁阻止率の「シーズン記録」

 甲斐が昨季記録した盗塁阻止率は.447。これに続くのが同僚でもある高屋裕亮の.385となっており、甲斐の数字が頭ひとつ抜けていることが分かる。

 では、昨季の甲斐の数字を歴代シーズン記録と比べてみるとどうなるか。

▼ 盗塁阻止率・シーズン記録トップ5
1位 .644 古田敦也(ヤクルト/1993)
2位 .633 福島知春(巨人/1978)
3位 .630 古田敦也(ヤクルト/2000)
4位 .578 古田敦也(ヤクルト/1991)
5位 .568 大矢明彦(ヤクルト/1970)


 ご覧のように、トップ5のうち3つは古田敦也が記録したもの。1993年の.644は言うまでもなく凄まじい記録であるのだが、それから7年後の2000年にも6割超の好記録を残しているという点も見逃せない。

 お気づきの方もいるかもしれないが、トップ5はすべてセ・リーグ所属の選手がマークした記録だった。パ・リーグ所属選手の記録も見てみると、梨田昌孝(近鉄)が1979年に記録した.536が最高。それに次ぐのが城島健司がダイエー時代の2002年に記録した.508となっており、セ・リーグと比べるとやや低い。

 実際、過去にシーズン50盗塁以上を記録している51人のうち、34人はパ・リーグ所属の選手だった。パ・リーグの捕手の肩力や送球技術のレベルが低かったのか、たまたま俊足自慢の選手がパ・リーグに多かったのか、はたまた投手の協力が物足りないのか、要因はさまざまなことが考えられるが、甲斐にとっては「5割」というラインがひとつの目標となってくる。


◆ 盗塁阻止率の「通算記録」

 シーズン最高記録ではまだレジェンドたちに及ばないが、通算記録ではどうだろうか。甲斐の通算盗塁阻止率.409をレジェンドたちと比べてみた。

▼ 盗塁阻止率・通算記録トップ5
1位 .462 古田敦也
2位 .433 大矢明彦
3位 .422 田淵幸一
4位 .391 梨田昌孝
5位 .383 城島健司


 通算記録も、歴代最高はやはり古田敦也。長く続けていると好不調の波があって当然だが、それでもこれだけ高い記録を残せるのはさすがだといえる。

 通算4割以上はトップ3まで。ということは、甲斐の通算盗塁阻止率.409は田淵幸一に次ぐ第4位の記録となる。もちろん、100試合以上に出場したのがまだ2シーズンしかないため数字も高く出ているという部分はあるが、このまま安定して4割を超える盗塁阻止率を残していけば、歴代記録に名を残すことができる。

 両リーグトップの盗塁阻止率をマークし、日本シリーズMVPにも輝くなど、大きな飛躍を遂げた2018年の甲斐拓也。契約更改でも2500万円増の6500万円(※金額は推定)でサインするなど、来季にかかる期待も大きい。「甲斐キャノン」は伝説の捕手たちと肩を並べることができるだろうか。


文=中田ボンベ@dcp



関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

ベースボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索