若松氏が巨人・原監督の采配のうまさを感じた場面は?

若松氏が巨人・原監督の采配のうまさを感じた場面は?

 23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト−巨人戦』で解説を務めた若松勉氏は、巨人・原監督の采配のうまさを感じた場面について言及した。

 若松氏が原監督の采配のうまさを感じた場面を挙げたのは、6−0の9回・亀井に代えて陽岱鋼を代打に送ったところ。代打で登場した陽岱鋼は、ヤクルトの4番手・田川賢吾からセンター前にヒットを放った。

 若松氏は「本当は代打もいらない場面なんですよ。亀井をそのまま打たせてもよかったんですけど、陽岱鋼があまり調子がよくないので、自信をつかせるために代打を送ったと思いますよ」と分析。

 若松氏は「(陽岱鋼が)ヒットを打ったので、相当また自信になりましたよね。ですからこの辺が原監督のうまさというか長年監督をやっている経験の豊富さがありますね」と原監督の采配を絶賛した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)


関連記事

おすすめ情報

ベースボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索