江本氏が語った乱闘の定義

江本氏が語った乱闘の定義

 16日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−阪神戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、乱闘の定義について語った。

 13日の西武−オリックス戦の4回二死満塁から西武・森脇亮介が投じたフォークがすっぽ抜け、オリックス・若月健矢の左肘に直撃。押し出しで1点を奪ったが、オリックスにとってこの試合3つめの死球を食らったこともあり、そこから乱闘騒ぎに。

 江本氏は「満塁で当たって乱闘しようという発想がわからない。点が入っているんだから、ありがたくお礼を言わなきゃいけないところですよ」と指摘。さらに江本氏は「乱闘の定義があるんですよ。点数が開いていて、4番とか良いバッターが出てきたところで、わざと当てる。これが乱闘の定義なんですよ」と話した。

 「1点を争っている試合で、満塁で出した死球が乱闘の原因になるんですか。野球を知らなすぎですよ」と乱闘に疑問に感じたようだった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)


関連記事

おすすめ情報

ベースボールキングの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索