大谷5の1、シーズン100安打到達も3三振&走塁死…エンゼルス4連敗で借金6

大谷5の1、シーズン100安打到達も3三振&走塁死…エンゼルス4連敗で借金6

○ アストロズ 5 − 2 エンゼルス ●
<現地時間8月24日 ミニッツメイド・パーク>

 エンゼルスの大谷翔平選手が24日(日本時間25日)、敵地でのアストロズ戦に「3番・指名打者」で先発出場。3試合ぶりの安打を放ちメジャー移籍後初のシーズン100安打に到達したが、チームは4連敗で借金6となった。

 この3連戦は「プレーヤーズ・ウイークエンド」と称し、前日のカード初戦からアストロズは白、エンゼルスは黒基調のユニホームを着用。背中部分には各選手のニックネームが記され、大谷は昨年に続き「SHOW TIME」を採用した。

 アストロズの先発は、今季ここまで12勝4敗、防御率3.14の好成績を残しているマイリー。大谷は初回、二死無走者の場面で左腕と対峙し空振り三振に倒れた。

 0−5となった4回は一死二塁の好機で第2打席。追い込まれたあとのカットボールをコンパクトに弾き返すと、打球は痛烈な中前打となった。大谷は中堅手の返球間に果敢に二塁を狙うもタッチアウト。微妙なタイミングで大谷自身がベンチへチャレンジを要求したが、VTR検証の結果、アウト判定は変わらなかった。

 大谷はこの中前打で、メジャー移籍後初となるシーズン100安打に到達。自身3試合ぶりの安打となった。6回の第3打席は、2番手右腕・ピーコックの前に空振り三振。7回も一死一塁の場面で、4番手右腕・スミスの前に見逃し三振に倒れた。

 3点を追う9回は二死一塁で6番手右腕のハリスと対戦。低めの直球を打ち損じニゴロに倒れ、最後の打者となった。この日の大谷は5打数1安打3三振。シーズン100安打をマークしたが打率を.300に下げた。


関連記事

おすすめ情報

ベースボールキングの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索