解説陣がみた巨人・亀井善行

解説陣がみた巨人・亀井善行

 2年連続で規定打席に到達し、主に1番打者としてチームを牽引する巨人の亀井善行。今季はここまで打率.291、13本塁打、54打点の成績を残し、2番・坂本勇人、3番・丸佳浩へとつなぐ役割を果たしている。

 12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA−巨人戦』で解説を務めた井端弘和氏は「途中疲れもあって、原監督がうまく休ませながら使っていると思います。吉川選手の離脱とかで1番に困っていた時期もあったので、その中で1番に抜擢されてからグングン成績があがってきましたので、やりがいもあるんじゃないですかね」と評価。

 翌13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−広島戦』で解説を務めた江本孟紀氏も「意外と目立っていなかったんですけど、いいところで打っていますよね。うまく繋いでいますよね。前は硬くて筋肉ガチガチみたいな打ち方でしたけど、やっとバッティングが柔らかくなりましたよね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)


関連記事

おすすめ情報

ベースボールキングの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索