世界の頂点へ、あとひとつ…侍ジャパン・稲葉監督「一戦一戦。これまでと同様に」

世界の頂点へ、あとひとつ…侍ジャパン・稲葉監督「一戦一戦。これまでと同様に」

◆ 打線爆発も、相手打線も脅威

 『第2回 WBSC プレミア12』も、16日をもってスーパーラウンドの戦いが終了。17日に行われる3位決定戦と決勝を残すのみとなった。

 15日の時点で決勝進出が決まっていた侍ジャパンは、16日のスーパーラウンド最終戦で韓国と激突。翌日の決勝戦で相まみえる宿敵との対戦という難しいシチュエーションになったが、10−8で勝利を収めた。


 試合後、稲葉篤紀監督は以下のように収穫を語っている。

 「打線がつながったという部分では、また明日につながると思います。四球を選ぶところはしっかりと選んで、打者が後ろにつなぐということをやってくれた。投手に関しては、やはり韓国打線が非常に強力で、かんたんに抑えることはできませんでしたが、非常に粘り強く投げてくれたと思います」

 今大会は貧打に苦しんできた打線が、この日は序盤から爆発。3回には先頭の坂本勇人から、途中に四球をひとつ挟んで6打数連続安打が飛び出すなど、打者一巡の猛攻で一挙6得点。なかなか状態が上がってこなかった丸佳浩を3番に起用してみたところ3安打・1打点の大暴れなど、14安打で10得点とよく打った。

 一方、ここまでチームを支えてきた自慢の投手陣が韓国打線に苦戦。先発した岸孝之は2回まで無安打の危なげない投球を見せるも、3回に初安打を一発で許すと、4回には6安打を集中されて5失点。7回にも3アウト・チェンジかと思ったシーンがリプレイ検証の後に覆ると、そこから2点を返されるなど、やはり一度火がついてしまうと怖い、という印象を改めて植え付けられる結果となった。

 その韓国打線については、「少し点差が開いた中で、ヒットがつながるにつれて、こうベンチも盛り立てるというところに関しては、常に何かやってくるのではないかという。これまでの大会を見ていても、韓国との試合ではそういったものを感じるところがありました。我々としてはそういった勢いに乗らせないように、切り替えてやっていかなければいけない」と、勢いに乗った時の力を警戒する。


◆ 「全員で“結束力”を持って戦う」

 苦しい場面も多かった中、終わってみればスーパーラウンドは4勝1敗。成績的には堂々の首位で、いよいよ明日の決勝を迎える。

 前回大会の3位を超えることはすでに確定しているが、当然ながら目指すところは世界の頂点。稲葉監督も今日の試合の前から「明日(決勝)に向けて」と繰り返してきた。

 このチームで戦うのは、泣いても笑ってもあと1試合。指揮官はここまでの歩みを思い返しながら、「約1カ月という長い期間を過ごしてきて、選手同士のコミュニケーション含め、試合の中での伝達であったり、選手同士が声をかけ合ってチームが出来上がってきた」と現在のチームには自信を持っている。

 いよいよ迎える決勝戦についても、「これまでと同様に。我々は一戦一戦を戦ってきましたので」と平常心で臨むことを強調。つづけて、「決勝という素晴らしい場所で、悔いがないように。とにかく、全員で“結束力”を持って戦っていきます」と力強く宣言。

 “結束力”といえば、稲葉監督が就任以来ずっと大切にしてきたテーマのひとつ。大目標の東京五輪を前に、まずは前回届かなかった「プレミア12」のタイトルの戴冠を…。これまでの戦いのすべてを糧に、稲葉ジャパンが宿敵との決戦に挑む。


文=尾崎直也


関連記事

おすすめ情報

ベースボールキングの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る