世界一の“シャーク旋風”、日本でも…?巨人がゴールドグラブ外野手・パーラを獲得

世界一の“シャーク旋風”、日本でも…?巨人がゴールドグラブ外野手・パーラを獲得

◆ 世界一の原動力になった「ベイビー・シャーク」

 巨人は20日、ヘラルド・パーラ外野手と来季の契約を結ぶことで合意したことを発表した。

 パーラはベネズエラ出身・1987年生まれの32歳。左投げ左打ちの外野手で、2011年と2013年にはナ・リーグでゴールド・グラブ賞を獲得した名手としても知られる。

 今季はジャイアンツではじまり、シーズン途中でナショナルズへ。89試合の出場で打率.250、8本塁打、42打点と成績だけを見ると特筆すべきポイントはなさそうにも思えるが、登場曲に採用した童謡「ベイビー・シャーク」が本拠地・ワシントンで大流行。パーラが登場するたびに、球場中のファンが手を伸ばして上下に大きく叩くダンスするのが名物となった。

 すると、そのダンスは選手たちにも伝染。打った選手が塁上でそのパフォーマンスを取り入れるようになると、打ち出の小槌のごとく打線がつながるようになり、それがいつしかナショナルズの快進撃の象徴に。勢いに乗ったチームはワイルドカードからプレーオフを勝ち上がり、球団初となるワールドシリーズ制覇を達成した。


 メジャーでの通算成績は、1466試合の出場で打率.276、88本塁打、522打点。左翼・右翼での起用が主だったものの、中堅でも210試合の出場歴があり、外野であればどこでも任せられる存在だ。

 年齢的にもまだ32歳で、本人も今回の移籍を「自分の能力を高める機会」と前向き。つづけて、「これまでの経験と知識のすべてを、巨人軍に捧げるつもりです。ファンのため、チームのために常にエネルギッシュなプレーを心がけ、チームの勝利に貢献します」と新たな挑戦に向けた意気込みを語った。


▼ ヘラルド・パーラ
ポジション:外野手
投打:左投左打
身長/体重:180センチ/95キロ
生年月日:1987年5月6日(32歳)
[今季成績] 119試 率.234(274−64) 本9 点48
[通算成績] 1466試 率.276(4761−1312) 本88 点522

<コメント>
歴史と伝統のある読売巨人軍の一員になれることを誇りに思います。
レベルの高い日本のプロ野球でプレーすることは、
自分の能力を高める機会ととらえています。
これまでの経験と知識のすべてを、巨人軍に捧げるつもりです。
ファンのため、チームのために常にエネルギッシュなプレーを心がけ、
チームの勝利に貢献します。


関連記事

おすすめ情報

ベースボールキングの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る