○ 巨人 7 − 1 DeNA ●
<沖縄セルラースタジアム那覇>

 巨人が6投手によるリレーで快勝。開幕カードで激突するDeNAを相手に主力選手が順調な調整ぶりを示した。

 打線は初回、先頭の梶谷隆幸が右翼線二塁打で出塁すると、続く坂本勇人の右翼前安打であっさり先制。5回には9番・松原聖弥と代打・中島宏之の連打でチャンスメークし、相手の適時失策に続いて5番・大城卓三の適時打でリードを広げた。

 「9番・右翼」で先発出場の松原は2安打1四球の全打席出塁で存在感を示し、途中出場の小林誠司は1四球1安打。特別ルールで迎えた9回裏の攻撃では陽岱鋼と石川慎吾が2者連続ホームランを放つなど、開幕スタメンを目指す選手たちのアピールが光った。

 投げては、今季初実戦の戸郷翔征が3回2安打2四球も無失点にまとめ、桜井俊貴は走者を背負いながらも2イニング無失点。8回に1点を失ったビエイラを除き、6回以降は高梨雄平、大竹寛、中川皓太が無失点ピッチングで順調な調整ぶりを示した。

 敗れたDeNAは先発の濵口遥大がやや制球に苦しみながらも、4回(85球)を投げて3安打3四球で1失点。2番手の武藤祐太と9回に登板した平田真吾が失点を重ねたものの、ドラ5左腕の池谷蒼大、国吉佑樹、笠井崇正はそれぞれ1イニングを無失点に抑え、開幕一軍入りへアピールした。