○ 巨人 5 − 1 中日 ●
<5回戦・東京ドーム>

 巨人の香月一也が、先制点につながるチーム初安打を放った。

 巨人打線は2回まで中日の先発・勝野昌慶に無安打に抑えられるも、0−0の3回先頭で迎えた第1打席、3ボール2ストライクからストレートをセンター前に弾き返す安打を放った。

 『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−中日戦』で解説を務めた野村弘樹氏は「アウトローのストレート非常に難しいボールですよ。投げた勝野からすると、ベストボールだと思うんですけど、力を抜いて右手一本でセンター返しですからね。勝野もいいボールだったんですけど、それ以上に香月がいいバッティングでしたね」と絶賛。

 続けて野村氏は「技術的なことはわからないですけど、力が抜けた感じがしますよね。力が抜けているぶん、スイングが鋭く感じるし、早くピッチャーのボールに対して対応しているイメージがありますよね」と話した。

 香月の初安打をきっかけに、松原聖弥、坂本勇人の連続適時打、梶谷隆幸の2ランで一挙5点を挙げた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)