● エンゼルス 4 − 6 レンジャーズ ○
<現地時間4月19日 エンゼル・スタジアム>

 エンゼルスの大谷翔平選手(26)が19日(日本時間20日)、本拠地でのレンジャーズに「2番・指名打者」で先発出場。日本ハム時代のチームメイトだった相手先発・有原航平投手(28)に2打席封じられるなど、4打数無安打2三振の成績に終わった。

 初回、無死一塁の場面で有原と初対決。大谷はカウント2−1後のカットボールを打ったが、打球は一ゴロ併殺となり元同僚対決第1ラウンドは有原に軍配が上がった。第2ラウンドは1点を追う4回、一死無走者の場面。大谷は4球目のチェンジアップを捉えフェンスオーバーを確信したかのようにゆっくりと走り出したが、中堅後方への大飛球を中堅手・ガルシアに好捕され、あと1本としていた日米通算100本塁打はお預けとなった。

 6点を追う6回は二死一、二塁の好機で2番手左腕・マーティンと対戦。最後はボール球のスライダーに手を出し空振り三振に倒れた。2点を追う8回は先頭で前中日の救援左腕・ロドリゲスと対戦。ここも追い込まれたあとのシンカーにバットが空を切り、2打席連続三振に倒れた。

 大谷は惜しい大飛球があったものの、有原との初対決は2打数無安打。その後は救援左腕の前に2打席連続三振に倒れ、打率は.309となった。エンゼルスは追い上げ及ばず敗戦。あす20日(同21日)の同戦は、大谷が投手に専念し先発マウンドに上がる予定となっている。