● エンゼルス 3 − 8 レイズ ○
<現地時間5月6日 エンゼル・スタジアム>

 エンゼルスの大谷翔平選手(26)は現地時間6日(日本時間7日)、本拠地で行われたレイズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。

 3回の第2打席に本塁打を放ち、今季の本塁打は2ケタ「10」本に到達。レッドソックスのJ.D.マルティネスに並び、アメリカン・リーグのホームランダービートップタイに浮上している。




 前日は投手専念で6回途中84球を投げて無失点の力投。明けてこの日は「2番・指名打者」でラインナップに名を連ねた“二刀流”。

 最初の打席はコリン・マキューを前に空振り三振に倒れたが、3回の第2打席で見事な対応力を発揮する。

 二死二塁の場面で初球、やや内寄りのシンカーを積極的にスイングすると、凄まじい快音とともに打球は右中間スタンドへ。本人も打った瞬間に確信する当たりで、現地3日以来となる第10号の2ランを叩き込んだ。



 その後、第3打席は空振り三振に倒れたが、8回裏の第4打席は思い切り引っ張った当たりが一塁ベースに当たって大きく跳ねる幸運。守備固めで登場していた一塁手・筒香嘉智もどうにもできず、二塁手がボールを披露も一塁には投げられず内野安打に。

 この日は4打数2安打・1本塁打で2打点。打率を.273に伸ばし、今季の本塁打は2ケタ・10本に到達。出場28試合目での2ケタ本塁打は、自身の記録(44試合/2019年)を塗り替えるメジャー日本人選手の最速記録となった。


 また、今季は“二刀流”の完全復活に向けた歩みを進めていくなか、比較の対象としてたびたび登場するのが“野球の神様”ことベーブ・ルース。この日もまた新たな記録が掘り起こされる。

 ベーブ・ルースは1918年と1919年に「シーズン10本塁打以上」と「シーズン30奪三振以上」を達成しており、この記録は大谷も2018年にクリア。

 そしてこの日、2ケタ・10本目の本塁打を記録したことで、大谷も自身2度目の「10本塁打&30奪三振」を記録。キャリアで2度この記録を達成しているのは、ベーブ・ルースと大谷の2人だけ。またしても伝説に肩を並べることとなった。


 なお、チームは先発のアンドルー・ヒーニーが7回途中まで4安打、無失点の快投を見せたものの、リリーフ陣が大誤算…。

 ヒーニー降板直後に被弾で1点を失うと、8回にはまさかの1イニング7失点。試合をひっくり返され、そのまま3−8の敗戦。連敗が「5」に伸びている。


▼ キャリア2度の「シーズン10本塁打&30奪三振」

☆ベーブ・ルース
1918年:11本塁打/43奪三振
1919年:29本塁打/30奪三振

☆大谷翔平
2018年:22本塁打/63奪三振
2021年:10本塁打/30奪三振 ※現地5月6日時点