◆ 負けなかった?勝てなかった?

 オリックスと巨人の交流戦初戦は、互いに逃げきれず3−3の引き分けという結果に終わった。

 オリックスの先発・山岡泰輔は初回、先頭の松原聖弥に2球目を捕らえられ、レフトスタンドに先頭打者弾を許す立ち上がり。その後は走者を出しながらも要所で三振を奪うなど、粘りのピッチングを続けていたが、5回に再び松原にセンター前へ運ばれ、続くゼラス・ウィーラーの適時二塁打で生還を許してしまう。それでも、山岡は毎回の12奪三振で7回2失点と試合を作り、マウンドを降りた。

 一方の打線は、巨人の小刻みな継投の前に「あと1本」がでない状態が続いたが、8回にセットアッパーの中川皓太を攻め立てると、アダム・ジョーンズ、伏見寅威の適時打で同点に追いつき、さらには福田周平の適時打で勝ち越しに成功した。

 最終回のマウンドに上がったK-鈴木は、先頭の亀井善行に二塁打を打たれてピンチを背負うも、後続を仕留めて二死まで漕ぎ着ける。ところが、松原の中直に思われた打球の目測を福田が一瞬誤り、ボールは頭上を越えて同点三塁打に。最終回は巨人の守護神・ビエイラにねじ伏せられ、試合は引き分けに終わった。

 7回2失点の粘投で試合を作った山岡は、「試合の入りに打たれてしまうと、相手に流れを与えてしまうことになるし、今日は内容云々というよりも、初回の先頭に許してしまったホームランがすべてだと思います」と、松原に許した先頭打者弾の反省が真っ先に口を突いて出た。

 その山岡について、中嶋聡監督は「向こうも積極的なバッターで、良いところ、良いところと投げていくうちに、そういうふうにはなると思う。その中で何とか粘ってはいたと思います。先頭で1点入ったわけですから。そこから切り替えて1失点でいったというとり方をしたほうがいい。その点は良かった。非常にいいピッチングだったと思います」と評価した。

 試合に関しては「良い逆転だったんですけど。(福田の頭上を越えた打球は)かなり難しいとは思うんですけど、これから練習してもらいます。内容的に言ったら、完全な負けゲームを負けなかったんですが、最後はK(鈴木)に申し訳ないなというのはあります。取れたアウトだとは思ったので」と総括。内野を本職とする福田の外野守備を含め、「まだまだ成長する部分があるんで、何とかひとつひとつやっていければいい」と前を向いた。


取材・文=どら増田