18日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 阪神−巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、7回に見逃し三振に倒れた巨人・岡本和真を評価した。

 岡本は1−7の7回一死一塁の第4打席、阪神の先発・西勇輝が投じた外角のスライダーに見逃し三振に倒れる。この三振に江本氏は「今のは完璧なストライクですけど、岡本は三振は良いですよ。仕方がない」とコメント。

 その理由について「ものすごく最高の球。あれを打ったって内野フライで一緒。見たというのがいいですよ。岡本はずっと外のボールを見ていますから、わずか半個くらいの差なんですよ」説明した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)