東京五輪ノックアウトステージ
○ 侍ジャパン 7x − 6 米国代表 ●
<8月2日・横浜スタジアム>

 悲願の金メダル獲得を目指す野球日本代表・侍ジャパンは2日、決勝トーナメント初戦で米国代表と対戦。延長10回までもつれた激闘をサヨナラ勝ちで制し、韓国が待つ準決勝進出を決めた。

 侍ジャパンは先発・田中(楽天)、3番手・青柳(阪神)がそれぞれ3失点。投手陣が5回までに6点を失った。それでも3点を追う5回裏、4番・鈴木(広島)に待望の今季初安打となる左越えソロが飛び出すと、7番・菊池(広島)の遊撃への適時内野安打で5点目。5−6と1点ビハインドで前半5回を折り返した。

 投手陣は6回以降、千賀(ソフトバンク)、山﨑(DeNA)、大野(中日)が無失点リレー。千賀は2イニングで5三振を奪うなど圧巻リリーフで試合を引き締めた。打線は6回以降なかなか追加点を奪えない展開が続いたが、1点を追う9回、5番・浅村(楽天)の右前打などで一死一、三塁の好機を作り、6番・柳田(ソフトバンク)の二ゴロの間に6−6の同点に追いついた。

 延長戦は無死一、二塁からスタートするタイブレーク形式。10回表を託された栗林(広島)が圧巻の3人斬りで無失点リリーフを見せると、その裏、今大会初出場の代打・栗原(ソフトバンク)がキッチリ犠打を決めたあと、途中出場の甲斐(ソフトバンク)が右翼フェンス直撃のサヨナラ打を放った。

 侍ジャパンは米国との予選2連勝対決を制し今大会唯一の3連勝。4日に行われる準決勝で韓国と対戦する。4日の日韓戦に勝利すれば、銀メダル以上が確定。敗れた場合でも敗者復活ブロックを再び勝ち上がれば、金メダルの可能性を残す。