26日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル DeNA−ヤクルト戦』で解説を務めた真中満氏が、ヤクルトの塩見泰隆について言及した。

 塩見は今季1番打者に定着し、9月18日の巨人戦でサイクル安打を達成するなど、ここまで打率.281、14本塁打、58打点、21盗塁をマークする。

 真中氏は「1番バッターとして風格も出てきましたよね」と評価し、「長打力があって足があるトップバッターは魅力的ですよね。塩見はパンチ力ありますよ」と絶賛した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)