◆ 本拠地は11月20日から「神宮大会」開催予定

 6年ぶり8度目となるセ・リーグ優勝を決めたヤクルトは27日、11月20日から始まる『SMBC日本シリーズ2021』に出場した場合、東京ドームを本拠地として開催することを発表した。

 神宮球場では11月20日から高校野球と大学野球の“秋の日本一”を決める『明治神宮外苑創建95年記念 第52回明治神宮野球大会』が予定されており、日本シリーズの試合日程とスケジュールが被る格好。

 今季の日本シリーズは11月20日にパ・リーグ出場チームの本拠地球場で開幕し、23日の第3戦、24日の第4戦、25日の第5戦をセ・リーグ出場チームの本拠地で開催する予定となっている。

 なお、ヤクルトは今夏の公式戦でも東京オリンピック開催に伴い神宮球場を明け渡しており、8月と9月のホームゲーム6試合を東京ドームで開催している。


【動画】ヤクルトナイン歓喜の瞬間!6年ぶり8度目のリーグ優勝決定
🎉ヤクルト🐧

🎦 @DAZN_JPN
📝 歓喜の瞬間は2001年と同じ横浜で! 6年ぶり8度目のリーグ優勝🙌#swallows #絶対大丈夫 pic.twitter.com/fhUFVFniqu— ベースボールキング⚾🥎 (@BaseballkingJP) October 26, 2021



優勝が決まった瞬間のスワローズベンチ!#チームスワローズ #絶対大丈夫#swallows pic.twitter.com/8noU1ix2Sx— 東京ヤクルトスワローズ公式 (@swallowspr) October 26, 2021