13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−中日戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、巨人のリリーフ陣について言及した。

 中川皓太、鍵谷陽平が開幕から一軍不在とするなかで、開幕直後に7回・今村信貴、8回・鍬原拓也、9回・大勢の勝利の方程式を構築できたかと思われたが、今村、鍬原が打ち込まれる場面も見られ、ここ最近は再び継投という部分で苦労している印象だ。

 江本氏は「中継ぎがね、敗戦処理やったり中途半端なんですよ。ゲームの形ができきっていない。最後に大勢というのはいますけど、そこまでに繋ぐリリーフが不安定」と心配していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)