○ DeNA 3 − 1 オリックス ●
<1回戦・横浜> 

 DeNAの坂本裕哉が4日のオリックス戦で好リリーフを見せた。

 坂本は2−1の8回二死一、二塁の場面で山﨑康晃の後を受けてマウンドへ。西川龍馬に対し、2ボール2ストライクからインコースのカットボールで空振り三振に抑え、ピンチを脱した。

 坂本は「もうとにかく一球一球、全力でバッターを抑えるためにと思って投げました。最高の結果になったのでよかったと思います」と喜んだ。

 三浦監督は「ヤスも先頭が出た後、つながったなかで2アウトまでこぎつけましたし、坂本が最高の仕事をしてくれましたね」と手放しで褒めた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)