西武は25日、東京電力エナジーパートナー株式会社の「再エネ企業応援プラン」に7月1日(月)から参加し、ベルーナドームで開催するプロ野球公式戦やコンサートなどのイベントで使用される電力相当量分のCO2の排出量実質ゼロを目指す取り組みを開始することを発表した。

 この取り組みを通じて、これまでベルーナドームでのイベントなどで1年間に排出されていた電力相当分にあたるCO2約800トンをすべて再生可能エネルギー化することで、実質のCO2排出量をゼロにすることを目指し、またこの目標を達成するためには、約700軒の家庭から余剰電力を東電EPに売却してもらう必要があり、協力した家庭には、お礼として埼玉西武ライオンズの選手たちが実際に使用した練習球をプレゼントするという。