下半身のコンディション不良から復帰が待たれる西川

 痛い故障でチームから離れているが、西川龍馬も前半戦MVPの1人だ。チームに事情に合わせ、シーズン序盤は一番打者。4月後半からは三番に入り、攻撃を支えてきた。

 今春は新型コロナ感染の影響により出遅れたが、オープン戦で合流。途中から一番に入った。いわゆる「俊足巧打」の一番打者タイプがチームにいない中で、高いバット技術を持ち、出塁できるヒットマンに白羽の矢が立ったのだ。シーズンもそのまま一番として迎え、3月27日のDeNA戦(横浜)では2点を追う9回二死満塁から中越えの逆転3点適時三塁打を放った。休日を挟んだ次戦29日の阪神戦(マツダ広島)では1点を追う9回一死満塁から右越えの2点適時打でサヨナラ勝利。2戦続けての殊勲打で大きな貢献を見せた。終わってみれば、チームは球団記録に並ぶ開幕6連勝。リードオフマンが開幕ダッシュに導いた。

 一方で開幕から三番に入っていた小園海斗が不振で下位打線に降格。代わって、クリーンアップの一角を担うように。得点圏打率リーグトップを争う勝負強さは、打順が変わっても発揮され続けた。一時は両リーグ最多安打も放ち、打線をけん引。「打順は関係ない。やることは変わらない」と淡々と話す姿勢が頼もしい。

 悔やまれるのは6月2日。ファウルを打った際に下半身を痛めたとみられ、5日に出場選手登録を抹消された。7月6日時点で復帰のメドは立っていない。1カ月超の離脱はチームに大きく響いているが、春先からの西川の活躍がなければ、今の順位やチーム状態はまったく別のものになっていただろう。

写真=BBM