プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「口グセ」です。

ロッテ・柿沼友哉捕手



柿沼友哉はベンチで声を張り上げている

 今シーズンから攻撃のときにベンチから出す声のクセが変わりました。これまでは普通に「さあどんどん行こう!」って感じだったのですが、今は「甘いの!」と「優しいの!」の2つをよく言っています。ちょっと変なので岡田(幸文)さんとかにニヤって見られたりもしますね。

 これはチームに戻って来られた金森(栄治)打撃コーチのマネなんです。ベンチで最も声を出していらっしゃるのが最年長の金森さんで、試合後は声がガラガラになっています。これは見習わないと! と思い、ついていっています。金森さんが「甘いの!」と叫んだら、僕は「優しいの!」という感じで逆を言います。

 今は二軍ですが、そこでも続けています。

写真=高塩 隆