“ミスタータイガース”藤村排斥運動に決着【1956年12月30日】

“ミスタータイガース”藤村排斥運動に決着【1956年12月30日】

和解会見。前列右が藤村、左が金田

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は12月30日だ。

 事件が動き出したのは、1956年11月8日だった。阪神の主将だった金田正泰の自宅に、田宮謙次郎ら主力選手が集まった。球団に対し、前年のシーズン途中から選手兼任となった藤村富美男監督の退陣を迫るためだ。

 藤村は球団創設期からのスター選手で、物干し竿と言われた長尺バットでヒット、ホームランを量産。希代のショーマンとしても知られ、「ミスタータイガース」と呼ばれた人気選手だった。ただ、アクが強く、マイペースともとられる一面もあり、必ずしもほかの選手の人望が厚かったわけではない。

 加えて金田ら選手が我慢できなかったのが、金銭に対する無頓着さだ。契約更改ではもめることなく、すぐサイン。ほかの選手は「藤村さんだってこの額で抑えているんだ。お前はこのくらいで当然」と言われることも多かった。

 さらにいえば、当時の阪神はバラバラだった。金田を中心にした中堅ベテランの派閥、真田重蔵ら和歌山出身者中心の派閥、そして青木一三スカウトが獲得した選手の派閥と大きく3つに分かれていた。彼らは何かと言えば、衝突していたが、このときは「反藤村」で結束する。

 8日の極秘会合の後、金田は球団に藤村退任を申し出、以後大騒ぎ。球団首脳の会議の結果、藤村監督の留任と金田、真田、青木と3派閥の中心人物の解雇を発表した。

 しかし、これに主力選手が怒り、契約更改をボイコットした。ふたたびこう着状態となったが、球団は藤村監督の更迭要求撤回を条件に金田の復帰を認め、金田も藤村と和解した。その際、金田派は金田の自宅に押しかけ、金田を裏切り者となじったという。

 全選手の契約が終わったのが12月30日。その日、関係選手が球団事務所に集まり、仲よく握手し、52日間の内紛劇に終止符を打った。

 ただ、藤村は翌年オフには監督を退任し一選手に。結局、同年限りの引退となった。

写真=BBM


関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索