【プロ野球仰天伝説22】4日に一度は投げさせてくれと球団に要求した別所毅彦

【プロ野球仰天伝説22】4日に一度は投げさせてくれと球団に要求した別所毅彦

長いプロ野球の歴史の中で、数えきれない伝説が紡がれた。その一つひとつが、野球という国民的スポーツの面白さを倍増させたのは間違いない。野球ファンを“仰天”させた伝説。その数々を紹介していこう。

史上最多のシーズン47完投



通算310勝をマークした別所

 球史に残る鉄腕を挙げていくとすれば、310勝を積み上げた別所毅彦(南海−巨人)を筆頭にしてもいいだろう。1947年の47完投は史上最多であり、18シーズンの現役時代を通し、ほぼ故障知らずだった。

 さすがに成長期の滝川中時代に連日300球以上投げた際にはヒジが伸びなくなったが、鉄棒にぶら下がったり、風呂に入って温めた後、両脚ではさみ、思い切り引っ張って伸ばしたりしたというから逆にすごい。

 そんな鉄腕にも衰えるときはくる。58年、世代交代もあって26試合の登板で9勝に終わり、13シーズン続いてきた2ケタ勝利が途切れた。ただ、このオフの契約更改で仰天要求。「登板が少ないから調子が上がらない。中3日で35試合は投げさせてくれ」と前代未聞の申し出をした。

 これに対し、当時の水原円裕(茂)監督が「指揮権の侵害だ」と激怒し、大騒ぎとなっている。

 これには目前に迫った300勝もあった。すでに301勝(のち303勝に)で引退していた先輩のスタルヒンから「日本人で達成するとしたら君だけだ」と言われ、何とか早く達成したいと思っていた。せっかちで一度決めたら周りが見えなくなる別所らしいエピソードでもあった。

別所毅彦(べっしょ・たけひこ)
1922年10月1日生まれ。兵庫県出身。41年センバツに出場。滝川中から日大に進むも中退し、42年秋に南海へ入団。43年にはノーヒットノーランを記録したが、兵役のため44年に退団。46年に復帰して翌47年には30勝で最多勝、47完投は日本記録でもある。48年までの登録名は「別所昭」。49年巨人へ。61年にコーチ兼任となり、同年限りで現役引退。79年野球殿堂入り。99年6月24日死去。主なタイトルはMVP2回、最多勝利3回、最優秀防御率1回、最多奪三振1回、沢村賞2回。通算成績662試合登板、310勝178敗、防御率2.18。

写真=BBM

関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索