マンガから出てきた!? 折尾愛真・野元涼が夢舞台で演じた物語

マンガから出てきた!? 折尾愛真・野元涼が夢舞台で演じた物語

変化に家族もビックリ



折尾愛真・野元は一冬で体重が24キロアップ。増量が飛距離アップ、そして本塁打量産につながった

2018年8月10日
第100回=1回戦
日大三(西東京)16−3折尾愛真(北福岡)

 マンガのような世界が甲子園で広がっていた。ウソのようだが、本当の話である。

 折尾愛真の五番・野元涼は北福岡大会で、準々決勝を除き、6試合で計6本塁打をマーク。

 1年時から量産してきたのかと思えば、高校通算29本塁打。今夏、強烈なインパクトを残したわりには、そこまで多くないのである。

 2年夏までは、補欠(背番号12の控え捕手)だった。福岡大会5回戦敗退後、パワーアップを目的に「食トレ」が導入された。白米をタッパーに入れ、缶詰をおかずに詰め込む。
好物は「サバの煮込みです」とニッコリ。

「1時間に1回で、1日、11回……(苦笑)。しんどかったです……。白米? 正直、飽きました」

 炭水化物を摂取したのと同時に、「筋肥大」を目指してウエート・トレーニングで「追い込みました」と、またも苦笑いを浮かべる野元。対外試合が解禁となる今年3月まで継続すると、目に見えた効果が表れた。

 オフシーズンを利用して体重アップする話はよく聞くが、野元は一冬で24キロ増の92キロ。規格外の数字は、飛距離につながったという。

「打った瞬間、全然、違うんです!!理由? 体重が増えたこと以外、考えられないです」

 3月以降で16本塁打を放ち、覚醒したのだ。

 体の使い方。幼稚園年中から小学校6年まで取り組んだ合気道のキャリアも生きている。「相手の力を使って倒すんですが、ボールの力を使ってバットを振る。通ずる部分があり、ボールを引きつけ、バットに乗せるイメージで打っています」。

 さらに、マンガのような逸話を披露する。

「実は小、中学、高校通じて、ホームランを打ったことがないんです」

 技術向上を素直に喜びたいところではあったが、ある“悩み”があった。

「どんどん大きくなって……。地元へ帰省したときに、知人が『どうした?』と……。あまりの変わりように、家族でさえビックリしていました」

 とはいえ、ウエートアップを引き換えに、折尾愛真にとっても、春夏を通じて甲子園初出場。大阪入り後も体力を落とさないため、宿舎では1日7合がノルマ。87キロのベスト体重で初の大舞台へと臨んだ。

 三番・一塁で先発した野元は日大三との1回戦で、素手で打席に入った。打撃用手袋を使用するのが当たり前の時代となっている中で、珍しいタイプ。バット1本で勝負する、職人のような雰囲気が漂っていた。

「夏前、最後の練習試合で素手で打ったら結果が出た。地方大会の6本塁打はすべて素手です。痛くないですよ」。練習量の賜物であり、両手の皮はガチガチに固まっていた。

「甲子園では、3本打ちたい!!」と意気込みを語っていた野元だったが、甲子園で力を出し切る難しさを体感した。

 試合は序盤から日大三に大量リードを許して、3対16で9回表の攻撃。先頭の野元は、第3打席に続く見逃し三振に終わる。「ストライクと分かっていても手が出なかった。自分が負けていた」と、4打数無安打。折尾愛真は最後まで全力を尽くしたが、マンガの世界のような奇跡の大逆転はならなかった。

 高校卒業後は関東の大学で野球を続ける予定。この日は北福岡大会に続き、投手として救援したが「大学でも(投打の)二刀流に挑戦したいと思っています」と前を向いた。

「今のままでは通用しないことがよく、分かった。あと半年で体を絞って、動ける体にして、大学で通用する選手になりたい」

 体重アップの次は「下半身強化」がテーマ。野元にとって、肉体改造の2期目を、今日からスタートさせる。今夏のように、信じられない世界を自らの手で作り上げるつもりだ。

文=岡本朋祐 写真=高原由佳


関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索