阪神・村山、涙の退場/週べ1963年8月26日号

阪神・村山、涙の退場/週べ1963年8月26日号

 今年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永く、お付き合いいただきたい。

審判に殴られた



表紙は左から巨人・柴田勲、南海・広瀬叔功


 今回は『1963年8月26日号』。定価は40円だ
 
 今回の表紙もすごい。巨人・柴田勲、南海・広瀬叔功の走り屋2人は旬だが、バックにあるスパイクは一体、だれのものなのか。先輩たちはいろいろ考える。

 今回は、8月11日、後楽園での巨人─阪神戦での事件の記事を紹介しておく。

 大観衆の前で、阪神・村山実(この年の登録名は昌史)が男泣きに泣いた日だ……。

 肩をゆすりながらゆっくりとマウンドに向かう村山に、割れるような拍手。後楽園での阪神に対する拍手としては異常なほどだった。

 巨人─阪神3連戦のラストゲーム、1勝1敗での第3戦も1対1と接戦になった。7回裏、巨人が二、三塁の好機を迎えたところで、阪神は前日8回までパーフェクト、最終的には2安打完封の快投をみせた村山をマウンドに送った。

 満塁とされ、カウント2−2から投じた5球目だった。内角低めに自信を持って投げ込んだ1球への国友球審のジャッジは「ボール」。血相を変えてホームプレートに走り寄った村山は、
「なにしてるんか! どこに目をつけているんだ」
 と叫びながら球審に詰め寄る。捕手の戸梶正夫があわてて間に入るが、村山はさらに、
「なんでや、もっとしっかり見てくれ。ワシらは1球に命をかけてるんや」

 同時に国友球審から「退場!」の宣告があった。
「何で退場なんや! もっと命がけで見てくれと言ってるだけやないか」
 すぐさま阪神ベンチから藤本定義監督、青田昇コーチが飛び出し、「暴言で退場はひどい」と抗議。2人が国友球審ともみ合っているうちに、村山がまたも迫ってきた。
 そのとき、はずみで国友球審のパンチが村山の顔面にまともに入った。
 
 村山は「俺は何もしていないのに、何で殴られるんだ」とまた激昂。ベンチから出てきた山本哲也捕手に抱きかかえられながらも、さらに球審に迫った。いつしか涙がボロボロと流れ、それを腕で必死にぬぐいながらの抗議になった。

「殴ったあんたこそ退場だ」と藤本監督が怒鳴った。
 これに対し、国友球審が「審判はケガでもしない限り退場はできないのだ」と答えると、青田コーチは「よし、それなら俺がケガをさせてやるから、こい!」と向かっていく。
 国友球審はあわてて審判室に引き揚げた。
 
 ロッカーに連れ戻されても村山の興奮は収まらなかった。記者団に囲まれても、顔を上げず、肩をぴくぴくとけいれんさせながら黙っていた。
 しばらくして顔を上げたときも目はまだ真っ赤だった。
「僕は冷静だったのに審判が手を出したんだ。審判から殴られたなんて僕だけでしょう。とても納得できないけれど、私のほうが正しいということはみんな分かっているはずですよ。だから引き下がってやったんだ。だけど、どうして後楽園で巨人とやると、いつも不公平なのか」
 再び興奮し始めた村山だったが、球団職員になだめられ、車で宿舎に戻った。
 
 村山は結局一死も取ることなく、退場になったが、13分の中断の後、村山からつないだ牧勝彦、太田紘一が抑え、試合は阪神が3対2で勝利している。

 国鉄・金田正一が、話題となっていた超スローボールの極意を語っていた。

 金田は「あれはスローボールではない。スローカーブや」と言い、
「親指と中指の間からすっぽ抜けるように投げる。親指腹をボールにべったりつけ、球を離すとき、親指でブレーキをかけ、人差し指と中指で少しだけひねる」らしい。

 担当者しばらく夏休みです。再開は16日予定。
 
<次回に続く>

写真=BBM


関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索