エンゼルス新監督が語る大谷翔平の起用法

エンゼルス新監督が語る大谷翔平の起用法

「エンゼルス打線に必要だが投球に悪影響が出ないようにしたい」



エンゼルスのブラッド・オースマス監督

 今週からはウインター・ミーティング(12月10日〜13日)で行われた監督会見からお届けする。今週はエンゼルスのブラッド・オースマス新監督。2000年から19年間指揮を執ったマイク・ソーシア監督に代わり就任した。

 オースマス監督は現役では捕手で、1993年から10年まで18年間、アストロズなどに在籍。ゴールドグラブ賞3度受賞、オールスターにも1度選出された。14〜17年まではタイガースの監督。1年目にア・リーグ中地区優勝。通算314勝332敗。今季はエンゼルスでGM特別補佐を務めた。

 1969年4月14日、コネチカット州ニューヘブン生まれ。父はヨーロッパ中世史の教授。学業で鳴るアイビーリーグのひとつ、ダートマス大出身。

――タイガースで監督経験がありますが、今回ではどのような違いがありますか。

オースマス ターガースの監督になったときはタイガースにバックグラウンドはなかった。シーズン中に入っても球団の人間を覚えていた。だが今回は、18年シーズンはエンゼルスにいたので球団の人間はみな知っているし、選手も分かる。選手も私のことを知っていると思う。タイガースではスプリングトレーニング初日に選手の90パーセントには“初めまして”とあいさつしたけれど、今度はそういうことはないからね。

――プホルス選手と大谷翔平選手がDHでかぶりますが、どう使い分けるのでしょうか。

オースマス バランスを考えることになる。プホルスのヒザの状態を考慮したい。大谷は無理して開幕に間に合わせることはない。

――大谷選手のメジャー1年目はどう見ましたか。

オースマス 長い間、誰もできなかったこと(投打二刀流)を彼はやっている。彼にはありあまる才能がある。スプリングトレーニングで彼の打撃練習を初めて見たとき、その飛距離にド肝を抜かれた。特に逆方向への打球の飛距離には驚いた。ミギー(タイガース、ミゲール・カブレラ)のようだった。あんな選手は見たことがない。それと、印象的なのはスピードだ。守備に就かないから目立たないけれど、あの身長であの俊足だったら、NFLのワイドレシーバーが務まるんじゃないかな。大谷ほどの俊足といったら、トラウトくらいだろうね。

――大谷のカムバックについてはどのような展望でしょう。

オースマス 彼の場合、トミー・ジョン手術からの復帰はほかの投手と違う。二刀流では例のないことだからね。なんとしてでも彼のヒジは守りたい。投手としての復帰は20年になる。彼の打棒はエンゼルス打線に必要だけれども、彼の投球に悪影響が出ないようにしたい。復帰のメドは、具体的には設定していない。

――来季の彼はもっとよくなりますか?

オースマス 19年は18年よりも居心地がよくなるんじゃないかな。1年間、メジャーの投手を見た。経験を積んだ。それは大きなプラスになるはずだ。だが半面、相手の投手もこの1年間、打者・大谷を見てきた。そのあたりはギブ・アンド・テイクだと思うな。

――大谷をカブレラと比較しましたが、違うところは何でしょう。

オースマス ミギーはメジャーで10年以上実績を残してきた。だが大谷はまだ若い。そこが違いだ。ただ、大谷にミギーと同じことができないというわけではない。彼にはまだ無限に伸びシロがあると思う。

取材・構成=樋口浩一 写真=Getty Images


関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索