今中慎二が引退セレモニーで最後の“快速球”(2002年3月23日)

今中慎二が引退セレモニーで最後の“快速球”(2002年3月23日)


背番号「14」に身を包んだ今中氏は、谷を相手に最後のピッチングを披露した

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は2002年3月23日だ。

 この日行われた中日対オリックスのオープン戦(ナゴヤドーム)前に、前年限りで引退した今中慎二氏の引退セレモニーが行われた。1万8000人の観衆から「今中! 今中!」の大きな声援が送られ、あらためて91勝をマークした左腕へのファンの愛情の念の強さを知らされた。

 長男から花束を贈られたあと、始球式に臨んだ今中氏。打席に立った谷佳知に対してすべてストレートで攻め、4球目のMAX110キロの高めのボール球で空振り三振に打ち取った。あくまで高めの快速球にこだわり続けた左腕らしい野球人生のラストボールだった。

 17勝を挙げて最多勝投手となった1993年には249回を投げて247奪三振。イニング数も最多、奪三振も最多というパーフェクトな最多勝だった。89年の入団で88年のVは知らず、99年のVのときはわずか5試合の登板。優勝とは縁の薄かった元エースだが、ドラゴンズ史上に大きな足跡を残した投手だった。

写真=BBM


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索