【MLB】ストライクは振る、ボールは振らない 基本で結果を出す大谷翔平

【MLB】ストライクは振る、ボールは振らない 基本で結果を出す大谷翔平

自分が信じたストライクゾーンを積極的にスイングにいく大谷。それがいい結果としてついてきている

 MLBのデータサイト、ファングラフスによると、今季MLBでボール球にもっとも手を出さないのはアストロズのアレックス・ブレグマン(18.6パーセント)、レッドソックスのムーキー・ベッツ(19パーセント)、エンゼルスのマイク・トラウト(19.7パーセント)、レッズのジョイ・ボット(19.9パーセント)。メジャー平均は31パーセントくらいで、特に選球眼の良い打者たちである。

 一方でストライクゾーンの球をどんどん振る打者はメッツのジェフ・マクニール(84.6パーセント)、ブレーブスのフレディ・フリーマン(82.8パーセント)、アスレチックスのクリス・デービス(82.7パーセント)、レイズのアビセイル・ガルシア(81.1パーセント)。こちらのメジャー平均は68パーセントくらいである。

 MLBで日々進化を続ける打者、大谷翔平が特に心がけているのはここ。6月28日、3安打の試合の後、「ストライクゾーンをしっかり振ること。そこを一番大事にしたい」と話した。とはいえ、打者ならストライクゾーンでも苦手なコースがある。大谷もここまでの数字を見るとインハイは打率.000であり、真ん中低めは.200だ。

 だが本人は、「ゾーン内に来た球に対しては、(バットの)軌道をズラすことなく対応できる。崩されない中でしっかりボールをとらえていけば」とストライクはすべて打つと説明した。言うまでもなく、ゾーン内でより多くのコースをカバーできれば、自信を持って打席に立てる。特定の(苦手な)コースでいつもやられることはないし、特定の(得意な)コースだけを待つ必要もない。

 ちなみに今季のエンゼルスはMLBでもっともボールをよく見るチームだ。ボール球は26.4パーセントしか手を出さないし、ストライクも61.8パーセントしか振らない、スイング率も41.9パーセントと低い。3項目すべてMLB1位である。大谷も昨年は32.3パーセントのボール球を振っていたのが今年は27.7パーセント。

 しかしながらゾーン内はどんどん振る。昨年65.3パーセントのストライクを振っていたのが今年は71.9パーセント。トラウトは57.8パーセントしか振らないが、メジャー9年目のベテランとは一緒にならないと思う。振って振って、相手投手を知り、MLBでの打撃の感覚を磨いていく。6月30日、2本塁打を放った試合後「試合勘、打席の感覚、徐々に良くなっている。もっと上げていければ」と話した。

 その試合、1対5の6回、無死一、二塁。長打が出れば流れが変わる局面で、大谷は1−2の5球目、内角高めの明らかなボール球をストライクと判定された。大谷はヘルメットをつかみ一瞬抗議しかけたが、すぐ下を向き、険しい表情でベンチに下がった。実況アナは「このシリーズ2度目、明らかなボールでアウトにされました」と同情した。

 しかし、その次の打席では落ち着きを取り戻し、笑顔を作って審判にあいさつをした。「何回ストライクを取られても振らないと思う。そこを引きずってしまうと難しい。審判がストライクといえばストライクですけど、長い目で見たときに、自分の目を信じて良いんじゃないか」。そして2ボールから投じられた3球目のストライクを136メートル弾。基本徹底で結果を出していく。

文=奥田秀樹 写真=Getty Images


関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索