NPB100人が選んだ甲子園のヒーロー/2位の5倍もの票を獲得した圧倒的ヒーローは?

NPB100人が選んだ甲子園のヒーロー/2位の5倍もの票を獲得した圧倒的ヒーローは?

ファン一人ひとりの胸に宿る甲子園のヒーロー。第100回の大きな節目となった夏の甲子園を前にNPB100人に「甲子園のヒーローは?」とアンケートを実施して「B.B.MOOK1414 ファンが選ぶ名勝負ランキングベスト100」に掲載したのをここに公開。迎えた第101回、新たなるヒーローは誕生しただろうか?

甲子園で準決勝を観戦した松山竜平


 その得票数は30票。これだけ票が割れた中で、その存在は圧倒的といえる。1998年の夏、準々決勝で延長17回を投げ抜き、準決勝ではリリーフで試合の流れを変え、そして決勝でノーヒットノーラン。これが、もしマンガなら、リアリティーがないと一蹴されそうだが、それを現実にやってのけたのが、この男だ。

【NPB100人が選んだ甲子園のヒーロー】
・1位(30票)
★松坂大輔(横浜・投手。中日)
(出場校とポジション。現在の所属)


横浜・松坂大輔

 その同世代にも強力な選手が並び、“松坂世代”と言われていた。西武の赤田将吾コーチは、

「同学年ですが、当時は新聞上の人でした(笑)。でも、あの時代から150キロを超えるストレートを投げていましたし、何よりも、とにかく勝っちゃうところがすごい。春夏連覇に加え、決勝でノーヒットノーランなんて、とんでもないでしょう。永遠に僕らの世代の象徴です」

 ほかにも、1学年下になる日本ハムの鶴岡慎也や、巨人の山口俊らは、印象に残るシーンとして決勝ノーヒットノーランを挙げる。

 アンケート当時はソフトバンクで、現在はヤクルトでプレーする五十嵐亮太と寺原隼人も松坂に票を投じた。1学年上になる五十嵐は、

「自分たちは俗にいう“谷間の世代”。松坂世代に負けたくないと思うことができました」

 甲子園で新記録154キロをマークした寺原は、

「投げ方もマネしていました。松坂さんがいたから、そこまでの数字に行けたと思います」

 同世代だけでなく、多くの後輩たちが松坂を目指し、挑んでいったことが分かる。

 中学生のときに準決勝を甲子園で観戦したというのが、広島の松山竜平だ。

「内野席の上のほうから見ていました。松坂さんが途中からマウンドに上がったときの歓声がすごかった。そして、すごいボールを投げていました」

準々決勝を戦った平石監督


 延長17回の準々決勝での力投を印象に残しているのが中日でチームメートになった亀澤恭平と、楽天の茂木栄五郎だ。今でも松坂の試合をビデオで見ることがあるという亀澤に対して、母が松坂のファンだったという茂木は、リアルタイムでは見られなかったというが、

「当時まだビデオですけど、録画してあったんですよ。それを繰り返し、繰り返し見ていました」

 現在は楽天の指揮を執る平石洋介監督は、その準々決勝で、PL学園の主将として松坂と激突。三塁コーチャーとして捕手の体勢から球種を見抜き、この準々決勝を名勝負へと昇華させた立役者の1人でもある。

「同い年で、これだけすごいピッチャーがいるんだな、と。すべてにおいてすごかった。けん制も、フィールディングも。最後の夏は(松坂と)当たりたい、倒したいと思っていました。そうしないと全国制覇はできない。いろいろ工夫して練習もしていましたし、満を持しての対戦でしたが、勝てませんでしたね。いいピッチャーはいっぱいいましたけど、群を抜いていました」

“平成の怪物”と呼ばれた松坂。平成は終わったが、令和の時代も伝説は続く。

写真=BBM


関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索