一閃!DeNA・梶谷隆幸の“居合い”打ち

一閃!DeNA・梶谷隆幸の“居合い”打ち

11日の巨人戦で澤村が投じた内角のボールを巧みにさばき、右翼へ4号2ラン。今季はフォロースルーで左手が早めに離れ「前」が大きくなった印象を受ける

 まさに“一閃”という表現がピッタリの一撃だった。9月11日の巨人戦(横浜)、7回一死二塁から梶谷隆幸が技ありの2ランを右翼スタンドに運んだ。打ったのはインローの非常に厳しいコース。巨人・澤村拓一が捕手の構えた通りに投げ切った153キロの直球を、居合いの達人が鞘から刀を抜き放つような腕の使い方で、バットを走らせた。

「最低でもランナーを進めること、バットに当てることを心掛けた結果、いいバットの出方をしてくれた」と本人が振り返る打球は、角度23度という超低空でスタンドに吸い込まれていった。元来がローボールヒッターではあるが、膝下の難しいコースを拾う技ありの一打に、おそらく澤村と大城卓三の巨人バッテリーもあ然としたことだろう。

 入団以来、理想の打撃フォームを追い求めてきた。同い年のチームメートである宮崎敏郎が大きくフォームを変えないのに対して、梶谷は頻繁にモデルチェンジ。ときにはシーズン中でさえ進化する。なかでも構えは、毎年新しくなっている印象だ。近年のテーマは三振の数を減らすこと。それに向けて意識と合わせて、形も変えてきた。

 すくい上げるようなスイングの軌道、一見すると泳いだような体勢からスタンドにたたき込むのは、一貫して変わらない梶谷の特徴だ。数年前、独特な打撃フォームについて聞くと、「気持ち悪いでしょ?けっして子どもたちのお手本となるスイングじゃありません」と自嘲気味に笑ったのを思い出す。

 ファームで過ごす期間が長かった今季、シーズンが佳境を迎えた8月末に一軍に合流すると、勝負強い打撃でチームの起爆剤となっている。生き物のように変わる打撃フォームは苦悩しながら、技術を極めようとする探求心の表れ。梶谷の試行錯誤は引退するまで続くのだろう。
文=滝川和臣 写真=桜井ひとし


関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索