楽天の若き捕手、堀内謙伍が心にとどめる嶋基宏からの言葉

楽天の若き捕手、堀内謙伍が心にとどめる嶋基宏からの言葉


22歳ながら一軍でマスクをかぶり奮闘する堀内

 今季の楽天は正捕手の嶋基宏が腰を痛めるなどの影響で捕手が固定できず、4年目の堀内謙伍とルーキーの太田光を中心にマスクをかぶっている。その中で最もマスクをかぶっているのが昨年一軍初出場を果たしたばかりの4年目、22歳の堀内だ。

 二軍でも正捕手をつかみつつあったが、「相手も作戦を立ててくるので、行き当たりばったりのリードではなかなか抑えられない」と一軍のレベルの高さを痛感している。「勉強していかないと勝てないというのは一軍に来て一番に感じたことです」。試合前に相手の映像を見て作戦を立てるのはもちろん、試合後にも復習は欠かさない。

 シーズン終盤となった今でも、試合前には緊張と不安で体が震えるという。

「試合前は不安しかないですけど、嶋さんは10年以上もそういう気持ちでやっている。すごいなとあらためて感じます」。だが、こうも続けた。「キャッチャーによって個性はあると思う。嶋さんの配球をマネしたら嶋さん以上にはなれない。はたから見たらムチャクチャかもしれないですけど、強気の配球というか、自信を持って(サインを)出せるようにしています」。

 堀内は常に、嶋から言われたある言葉を心にとどめている。

「キャッチャーのひとつのサインでピッチャーの人生が変わる。責任をもって、中途半端な気持ちでサインを出すな」

 プロの舞台でマスクをかぶるプレッシャーはアマチュア時代とは違う。一軍でマスクをかぶることへの責任感も日々増している。さらにチームは熾烈なCS進出争いを繰り広げており、1試合、1イニング、1球の重要度はシーズン終盤になってより増している。この経験は堀内の財産になっていくだろう。

「これだけ一軍で出させてもらっているので、来年、再来年に生かしていかないと意味がないと思っています。課題しかなかったですけど、守備でもバッティングでも、もっともっとレベルアップしてレギュラーを取れるようにやっていきたいです」

 嶋不在のチームのピンチを自身のチャンスに変えられるか。まだ荒削りな若き正捕手候補が、責任感を胸に成長を続けている。

文=阿部ちはる 写真=BBM


関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索