黄金期を知る男が燕の再建に着手

黄金期を知る男が燕の再建に着手

チーム再建を託された高津臣吾監督


 1991年ドラフト3位でヤクルト入団。90年代のスワローズ黄金時代に貢献した一人でもある高津臣吾が、監督に就任した。

ドラフト指名されるきっかけは、8球団が1位指名した亜大の同期・小池秀郎の視察に訪れたスカウトの目に留まったことだった。野村克也監督の助言によりシンカーの精度を高め、NPB通算286セーブをマーク。さらにメジャーで2年間プレーし、晩年には韓国、台湾まで活躍の場を求めた。そして現役を終えたのは独立リーグのBCリーグ。さまざまな環境でプレーした経験が、指揮官としての礎となっている。

「今では考えられないほど素晴らしい選手がそろっていた」と高津監督自身が振り返る90年代。投手では岡林洋一、石井一久、伊藤智仁、打者では池山隆寛、古田敦也、宮本慎也など。毎年、優勝を争う常勝軍団だった。ただ、現チームはリーグ最下位に沈んでいる。過去の栄光のすがってはいられない状況だ。「投手王国を作るのが、強いチームへの第一歩」と再建に意欲を見せる。

「選手のやりやすい環境を作りたい」と新指揮官。その一方で「忍耐や根性も必要」と選手個々の意識改革も促した。ほかにはない経験を持つ高津監督が、どんな手綱さばきを見せるかに注目したい。

写真=BBM


関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る