助っ人外国人の場合、たとえ前年に活躍したとしても、調子を落とすとすぐに自由契約になる可能性がある。そのため、何年も日本球界に残り続けられるのはひと握りの選手しかいない。では、現役助っ人外国人の中で「最もNPB歴が長い」のは誰なのだろうか? 現役助っ人の在籍年数を調べてみた。

現役最長はシーズン最多本塁打記録をもつあの男



ソフトバンク・バレンティン

 2021年1月14日時点で、NPBに在籍する助っ人外国人(ドラフトを経ずに入団した選手)は81人。彼らの在籍年数を調べ、NPB歴が長い順に上位をまとめてみた。

●第1位 10年(今季11年目)
ウラディミール・バレンティン(ソフトバンク)
デニス・サファテ(ソフトバンク)

 現役外国人選手でNPB歴が最も長いのはバレンティンとサファテだ。2010年オフにヤクルトに加入し、初年度の2011年にいきなり本塁打王を獲得したバレンティン。2013年にはNPB記録となるシーズン60本塁打も記録した。シーズンセーブ記録のNPB記録を持つサファテは、広島、西武と渡り歩き、ソフトバンクで3球団目。だが、股関節の故障のため2018、2019年は登板なしに終わり、今季は勝負の1年となる。歴代最長は許銘傑の14年だが、この記録に挑むには両者とも今季の復調が必須だ。

●第2位 8年(今季9年目)
ブランドン・ディクソン(オリックス)

 もはやオリックスに欠かせない存在となったディクソン。昨季は39試合に登板して16セーブをマークしたが、今季は再び先発に戻る予定だ。娘に「ナラ(奈良)」と名付けるほどの親日家でもある。

●第3位 7年(今季8年目)
アルフレド・デスパイネ(ソフトバンク)
エルネスト・メヒア(西武)

 デスパイネは2014年シーズン途中にロッテに加入し、2017年よりソフトバンクに移籍。今季でソフトバンクは5年目となる。メヒアも2014年シーズン途中に西武に加入してこれまで西武一筋7年。ここ3年は低迷気味だが、再びリーグ優勝を目指すためにはメヒアの復活は欠かせない。

●第4位 6年(今季7年目)
ゼラス・ウィーラー(巨人)
ブランドン・レアード(ロッテ)
チェン・ウェイン(阪神)※通算

 2020年シーズン途中で楽天から巨人に移籍したウィーラーは、すでに6年を日本球界で過ごしている。1年目の2015年、初出場試合で豪快な本塁打を放った姿が懐かしい。レアードも同じく6年。日本ハムで4年、ロッテには2年在籍している。2020年は腰の治療のため8月中旬にアメリカへ帰国して、そのまま復帰できずに終わり、今季は優勝を目指すチームのためにも打棒を発揮してもらいたいところだ。オフにロッテから阪神に加入したチェンも、日本球界に通算6年在籍している。久しぶりのセ・リーグのマウンドに注目だ。


中日・ビシエド

●第5位 5年(今季6年目)
ダヤン・ビシエド(中日)

 中日のビシエドは2015年オフに加入し、今季ではや6年目。得点力が心もとない中日打線にとっては、もはや欠かすことのできない大黒柱だ。2020年は打率が前年より下がったものの、打点はリーグ4位と相変わらずの勝負強さを発揮。巨人から覇権を奪うためにも、今季も素晴らしいバッティングを期待したい。

●第6位 4年(今季5年目)
ロベルト・スアレス(阪神)
エドウィン・エスコバー(DeNA)
アレハンドロ・メヒア(広島)
リバン・モイネロ(ソフトバンク)
フランク・ハーマン(ロッテ)
宋家豪(楽天)
ステフェン・ロメロ(オリックス)

 NPB在籍4年(今季5年目)では各チームの投打に欠かせないメンツが多い。特に、DeNAのエスコバー、ソフトバンクのモイネロは不動のセットアッパーとして活躍しており、よほど低迷しない限りは重宝され続けるだろう。阪神のスアレスも2020年はリーグ最多セーブを記録。チーム残留も決まり、2021年も好投してくれるはずだ。また、2020年は楽天で過ごしたロメロは古巣のオリックスに復帰。低迷するチームを救う活躍ができるか注目だ。


巨人・メルセデス

 また、在籍3年(今季4年目)以下、また育成契約中の現役助っ人外国人は次のようになっている。

●3年(今季4年目)
C.C.メルセデス(巨人)
ライデル・マルティネス(中日)
ネフタリ・ソト(DeNA)
ヘロニモ・フランスア(広島)
ジュリスベル・グラシアル(ソフトバンク)
ブライアン・ロドリゲス(日本ハム)
スティーブン・モヤ(オリックス)

●2年(今季3年目)
ルビー・デラロサ(巨人)
ジェフリー・マルテ(阪神)
スコット・マクガフ(ヤクルト)
アルバート・スアレス(ヤクルト)
カーター・スチュワート・ジュニア(ソフトバンク)
ザック・ニール(西武)
レオニス・マーティン(ロッテ)
アラン・ブセニッツ(楽天)
王柏融(日本ハム)

●1年(今季2年目)
エンジェル・サンチェス(巨人)
チアゴ・ビエイラ(巨人)
エスタミー・ウレーニャ(巨人)
ジョン・エドワーズ(阪神)
ジョー・ガンケル(阪神)
ジェリー・サンズ(阪神)
ジャリエル・ロドリゲス(中日)
アリエル・マルティネス(中日)
マイケル・ピープルズ(DeNA)
タイラー・オースティン(DeNA)
テイラー・スコット(広島)
リード・ギャレット(西武)
コーリー・スパンジェンバーグ(西武)
ホセ・フローレス(ロッテ)
ドリュー・バーヘイゲン(日本ハム)
タイラー・ヒギンス(オリックス)
アダム・ジョーンズ(オリックス)

●育成契約選手
ジョフレック・ディアス(DeNA)育成2年目
フランディー・デラロサ(DeNA)育成2年目
レミー・コルデロ(DeNA)育成3年目
ロベルト・コルニエル(広島)育成2年目
ホセ・アコスタ(ロッテ)育成2年目
王彦程(楽天)育成3年目

 ちなみに、2021年1月14日時点で、新たに加入した外国人選手は26人。このうち何人が、この先何年もNPBで活躍し続けられるのだろうか。歴代最長の許銘傑を超えるような逸材もいるかもしれない。

 現役助っ人外国人の在籍年数をまとめてみた。最長はバレンティン、サファテの10年。これほど長く在籍する選手はそうそういないため、ぜひ歴代記録を更新するような活躍を見せてもらいたい。

文=中田ボンベ@dcp 写真=BBM