メットライフドームに新登場するローラースライダーの前でポーズを取る西口コーチ(球団提供)

「これ、俺のスライダーより全然曲がるやん」と西口文也投手コーチが笑顔を見せたのは、3月にオープン予定のテイキョウキッズフィールド内にそびえ立つローラースライダー。新人合同自主トレーニングでルーキーたちの練習を視察した西口は、大変貌したメットライフドーム前を訪れると目を丸くした。

「これは子どもは楽しいだろうね。こんなに高いところからボールパーク全体を見渡しながら滑り下りるのは気持ちいいでしょ」と笑った西口コーチ。その視線の先にあるローラースライダーは高さ5.5メートルから左に急転換しながら曲がり落ち、まさに“伝家の宝刀”を彷彿とさせる。

 現役時代の西口コーチも右打者の外角に逃げ、左打者の内角に消えるその決め球で通算182勝を積み上げたが、「これは曲がりすぎでしょ(笑)」と“お手上げ”だ。

 ちなみにこのローラースライダーの変化量は“130度”。西口コーチのリアクションを受けても、いかにこのテイキョウキッズフィールドのローラースライダーが、“キレ味抜群”かが分かるだろう。

「僕の現役時代から本当に変わっていきますね。屋根がついて、球場が広くなり、そして球場内とその周辺も一気に変わっていく。でも当時の雰囲気を残しつつね。本拠地であるメットライフドームがこうして変わっていくことはとても誇らしいです」

 西口コーチはそう目を細めながら、3月のグランドオープンに期待を寄せた。

◎広報部員コメント
「テイキョウキッズフィールドのローラースライダーに感動する西口コーチの姿はとても印象的でした。このローラースライダー、そしてテイキョウキッズフィールドを見ると、ボールパークの象徴の1つだとあらためて思います。ぜひ、グランドオープンした暁には西口コーチも舌を巻く“キレ味抜群”のローラースライダーをお楽しみください」

西武ライオンズ広報部