「ONE ROAD」プロジェクトのキービジュアル(球団提供)

 西武・栗山巧選手が6月23日の楽天戦(メットライフ)、第1打席で中前適時打を放ち、通算2000安打達成まで残り30本としたが、これに伴い、西武が「ONE ROAD(ワンロード)」と題したプロジェクトを開始することになった。

 ファンやチームがともに一体となって盛り上げて、栗山の2000安打達成を後押ししたいという気持ちを込めており、球場でのイベントや記念グッズの販売など、さまざまな企画を随時実施する。その皮切りとして「ONE ROAD」特設サイトを本日オープン。カウントアップ記念グッズを販売、また順次メットライフドーム前広場や西武鉄道の一部の駅、西武沿線の商業施設でカウントアップパネルを掲出する。

 記念グッズは、付属の水性マーカーで安打数を胸元のホワイドボードに直接書き込むことができる「KURI-METER T シャツ」や、入団した2002年からこれまでの約20年間の軌跡を写真で振り返る「2000HITS MEMORIAL CALENDAR」、栗山に関してSNS(Twitter、Instgram)で投稿内のタグとして使われている「#いざ栗山」をモチーフにしたグッズ、2017年に好評を博した「武獅グッズ」のリバイバル版など、合計19種類だ。

 栗山は「いつも応援ありがとうございます。スタンドからの大きな拍手がものすごく励みになっています。今回販売する『KURI-METER T シャツ』は安打数を直接書き込めるようになっているので、球場に来てくれる方も、自宅から応援してくれる方も、安打数を書き込んで着用してください! 2000安打達成までの1本1本をともに戦っていただけるとうれしいですし、こんなに心強いことはないですね」とコメントしている。